ページID:3938

公開日:2019年9月24日

ここから本文です。

香川県障害者スポーツ大会に出席しました

第20回香川県障害者スポーツ大会に出席しました

9月14日(土曜日)、Pikaraスタジアム(県立丸亀競技場)、丸亀市民体育館で開催された第20回香川県障害者スポーツ大会に出席しました。
この大会は、障害のある方々がスポーツ競技を通じて心身両面の力を伸ばし、自立と社会参加をしていただくことを目的として毎年開催されています。

今年は、「きらり☆輝け!みんなの笑顔」をスローガンに、92歳を最高齢とする約750人の選手のほか、地元の中学生をはじめとするボランティアなどの関係者約480人が参加しました。

開会式では、大会実行委員長である香川県障害者スポーツ協会・森田会長と来賓の方々からの激励の後、障害者支援施設「朝日園」の片岡良平選手(46歳)と「ふれあいの家」の大西直子選手(44歳)の力強い選手宣誓がありました。

選手の皆さんは、好天の下、50メートル走や100メートル走などの競走競技のほか、車いすでポールの間をすり抜けながら速さを競う「スラローム」、円盤を投げ飛距離や的を通った回数を競う「フライングディスク」などの競技で熱戦を繰り広げ、練習の成果を発揮されていました。

また、今年は新たに卓球競技が追加されたほか、この大会に合わせて、ボッチャや車いすバスケットボールなどの体験会が実施されました。

来る東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、障害者スポーツに対する関心が高まる中、県では、香川県障害者スポーツ協会を通じて、障害のある方々が身近な地域で日常的にスポーツを楽しめる環境を充実させるとともに、競技スポーツとしての競技力の向上を図るため、県外から指導者を招いて選手の指導を行うなど、国際大会や全国大会で活躍する選手の育成に取り組んでいます。

今後とも、こうした大会を通じて、障害者スポーツの一層の振興に努めてまいります。

開会式の様子 競走競技(車いす)

卓球競技

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部障害福祉課

電話:087-832-3292

FAX:087-806-0240