ページID:3944

公開日:2019年12月17日

ここから本文です。

高松空港開港30周年記念式典

高松空港開港30周年記念式典に出席しました

12月15日(日曜日)に高松空港旅客ターミナルビルで開催された「高松空港開港30周年記念式典」に来賓として出席しました。

高松空港は、平成元年12月16日に2,500メートルの滑走路を有する、当時としては中国四国地方で随一の規模を誇るジェット化空港として開港し、郷土香川にとって、未来への飛躍につながる「高速交通時代」の幕を開いてから、30周年を迎えました。

現在、高松空港の航空ネットワークは、羽田、成田、沖縄、ソウル、上海、台北、香港の7路線が就航し、定期路線の利用者数は昨年度、過去最高の約206万人となり、国内、国際線を合わせた累計利用者数は、今年の11月末時点で約4,625万人に上っています。

このように多くの方々に利用される空港となったのも、日々、ご搭乗いただいている皆さまはもとより、空港運営に多大のご尽力をいただいている高松空港株式会社、国土交通省をはじめとする関係官庁、地元市町、各航空会社、地上支援業務に携わる方々、周辺地域の住民の方々など、関係の皆さま方の深いご理解とご協力のたまものであり、厚くお礼申し上げます。

香川県では、関係者と一丸となって、高松空港が四国の拠点空港として、地域活性化や交流人口拡大の役割を十分に発揮できるよう、より一層積極的に取り組んでまいりますので、県民の皆さまには、今後も変わらぬご支援、ご協力をお願いします。

あいさつの様子 セレモニーの様子

このページに関するお問い合わせ

交流推進部交通政策課

電話:087-832-3135

FAX:087-831-9606