ページID:3968

公開日:2019年8月28日

ここから本文です。

瀬戸内アジアフォーラム

アジアの国や地域から芸術関係者らが瀬戸内に集結

瀬戸内国際芸術祭(外部サイトへリンク)2019の夏会期イベントとして、瀬戸内アジアフォーラムを開催しました。

瀬戸内アジアフォーラムは、アジアの国や地域でアートによる地域づくりに取り組む人々が集い、経験を分かち合い、学び合うことを通して、持続可能な関係性を築くことを目的として8月21日(水曜日)から24日(土曜日)まで高松や小豆島を会場に開催し、前回開催よりも多い15の国と地域から60名余の方が参加されました。

一般公開したフォーラム初日のオープニングセッションでは、芸術祭の来場者など大勢の方にご参加いただき、会場となったかがわ国際会議場は活気に満ちた雰囲気の中、国連世界観光機関事業変革シニアオフィサーのムサリム・アファンディエフ氏や作家の池澤夏樹氏など著名な講師の方々にご講演いただき、盛況を博しました。また、休憩時間には、アジアからの参加者と一般の参加者とが互いに交流するなど、とても意義深いものとなりました。

瀬戸内アジアフォーラムを通じて、瀬戸内国際芸術祭(外部サイトへリンク)への理解や関心が一層深められたと感じています。

フォーラムでのあいさつ 会場の様子

このページに関するお問い合わせ

政策部文化芸術局文化振興課

電話:087-813-0852

FAX:087-813-0858