ページID:3975

公開日:2019年6月11日

ここから本文です。

令和元年大嘗祭供納米生産圃田植式に出席しました

6月9日(日曜日)に、さぬき市で行われた令和元年大嘗祭供納米生産圃田植式(だいじょうさいきょうのうまいせいさんほたうえしき)に出席しました

大嘗祭(だいじょうさい)とは、天皇が即位の後、初めて国民を代表して農作物の恵みに感謝する一世に一度の伝統的な儀式です。

本年11月に皇居で行われる大嘗祭(だいじょうさい)には、全国各地からその年に収穫された新穀(しんこく)や特産品が供納(きょうのう)されます。香川県からは、この生産圃(せいさんほ)で作られた米をはじめ、特産の農林水産物が供納(きょうのう)されることになっています。

記念撮影の様子 田植えの様子

式典は、快晴の中、供納者(きょうのうしゃ)に選ばれたさぬき市昭和の真部(まなべ)茂(しげる)氏の斎田(さいでん)で行われました。記念撮影の後、地元小学校の児童による古式ゆかしい姿での苗の植え付けが披露されるとともに、私自身も田植えに参加させていただき、脈々と続く自然の偉大な営みと農作物の恵みに改めて思いを致しました。
その後、さぬき市稲作文化伝承事業実行委員会会長の式辞、来賓の祝辞、供納者(きょうのうしゃ)の謝辞と移り、無事終えました。

このページに関するお問い合わせ

農政水産部農業生産流通課

電話:087-832- 3416

FAX:087-837-2481