ページID:3976

公開日:2019年10月9日

ここから本文です。

講演会「建築の自画像 丹下健三に至るまで」

県立ミュージアム講演会「建築の自画像 丹下健三に至るまで」を開催しました

10月6日(日曜日)に、香川県立ミュージアム秋期特別展「日本建築の自画像」の関連イベントとして、講演会「建築の自画像 丹下健三に至るまで」を開催しました。

現在、香川県立ミュージアムでは、12月15日(日曜日)までの会期で「日本建築の自画像 探求者たちのもの語り」を開催しています。
開催記念講演会として、本展覧会の監修者である東京大学名誉教授の藤森照信氏に「建築の自画像 丹下健三に至るまで」と題して、古代から近代に至るまでの日本建築の変遷や特性、香川県庁舎の文化的価値についてご講演いただき、盛況を博しました。

本講演会や展覧会の開催を通じて、香川県庁舎をはじめとしたそれぞれの建築が持つ魅力や時代性などの歴史をより多くの方々に再認識していただければと考えています。

講演会でのあいさつ 藤森名誉教授の講演

このページに関するお問い合わせ

政策部県立ミュージアム

電話:087-822-0247

FAX:087-822-0049