ページID:1115

公開日:2020年7月7日

ここから本文です。

退任されるJETの皆さんありがとうございました

帰国される7人のJETの皆さんが退任のあいさつに来られました

7月7日(火曜日)に、任期を終えるなどして帰国される7人のJET(語学指導などを行う外国青年招致事業)の皆さんが、退任のあいさつのため、県庁に来られました。JETとは、外国語指導助手や国際交流員として国が招致している外国青年のことで、香川県では、現在38人の方が小中学校や私立高校の先生や国際交流員としてご活躍されています。

退任者を代表して、高松市の外国語指導助手として4年間勤務したハビエル・ブランコさんから「瀬戸内海の美しさやうどんのおいしさを、母国の家族や友だちと共有したいです。香川県の学校や地元の人との触れ合いの中で、たくさんの素晴らしい思い出を手に入れることができました。この経験は、私たちのこれからの人生の中で、常に一緒に寄り添ってくれるものと思います」と心のこもった言葉を頂きました。香川県に対する愛情が感じられ、充実した4年間であったことがうかがわれました。

懇談の場では、JETの皆さんへの「母国の家族や友人に紹介したい香川県の魅力」というお題に対して「美しい自然」「おいしいうどん」のほか「香川の県産品や珍味」や「日本の学校生活そのもの」などといった答えをいただきました。香川県での英語教育を通して、香川県の多くの魅力も発見していただけたことを大変うれしく思います。

最後に、記念品贈呈式で、3年間の任期を終えられたチー・チャンさんにJET代表として記念品をお渡ししました。

JETプログラムの任期は長い方で4年、短い方で2年とそれぞれ異なりますが、香川県での勤務経験がこれからの皆さんの人生において、大きなプラスとなることを期待しています。

退任されるJETの皆さん、本当にありがとうございました。

写真)ハビエル・ブランコ氏のあいさつ 写真)懇談にて

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室国際課

電話:087-832-3029

FAX:087-837-4289