ページID:23246

公開日:2021年3月31日

ここから本文です。

瀬戸内国際芸術祭実行委員会第28回総会に出席しました

3月30日(火曜日)にJRホテルクレメント高松で開催された瀬戸内国際芸術祭実行委員会第28回総会に出席しました。

瀬戸内国際芸術祭2022の開催に向け、令和2年度は、昨年7月に策定した取組方針に沿って、関係者と協議しながら、各会場における作品やイベントの展開方針、来場者の受入環境の整備などについて検討を進めてきました。

この会議では、そうした検討の成果を踏まえた取組方針の見直しや令和3年度の事業計画などについてご承認いただき、来年4月の開幕に向けた準備がいよいよ本格化するものとあらためて実感しました。

今後も当面はコロナ禍が続くことが予想されますが、次回の芸術祭でも、アーティストやサポーター、来場者が実際に会場を訪れ、地域の方々と交流し、地域を元気にしていくという、これまでの基本的な方向性は堅持したいと考えています。

そのため、引き続き、受入環境の整備や来場者への情報提供、サポーターの確保・育成などにしっかり取り組むこととし、新型コロナウイルス感染症の状況を注視しながら、ICTの活用なども含め、柔軟に対応していきたいと考えています。

多くの方々に、瀬戸内の自然や歴史、文化などとともに、素晴らしい現代アートを楽しんでいただけるよう着実に準備を進めて、地域の活性化や本県のイメージアップにつなげていきたいと思います。

写真)会議での知事

写真)会場全景

このページに関するお問い合わせ

政策部文化芸術局瀬戸内国際芸術祭推進課

電話:087-813-0851

FAX:087-813-0858