ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事コラム > 知事コラムバックナンバー(令和3年) > 令和3年9月号 知事のコラム No.115「うどんだけじゃない 「さぬきの夢」を菓子やそうめんへ」

ページID:26309

公開日:2021年9月1日

ここから本文です。

令和3年9月号 知事のコラム No.115「うどんだけじゃない「さぬきの夢」を菓子やそうめんへ」

うどんだけじゃない「さぬきの夢」を菓子やそうめんへ

知事コラム画像 「さぬきの夢」と大きく染め抜いたのぼりを、県内のうどん屋さんの店頭で見たことのある方は多いと思います。

 「さぬきの夢」は「地元の小麦で讃岐うどんを作りたい」「そのうどんを食べたい」という県内製麺事業者や消費者の要望に応えるために開発された香川県オリジナルの小麦で、県内でのみ生産されています。

 平成3 年から、県で育種に取り組み、平成12 年に「さぬきの夢2000」が誕生し、その後、平成21年からは後継品種「さぬきの夢2009」が育成、栽培されるようになり、令和2年の作付面積は2,100ヘクタール、生産量は8,300 トンに達しています。

 今回、引き続き、うどん用の消費拡大を図るとともに、うどん以外のそうめんや、お菓子への活用を推進し、一層の利用促進を図るため、生産、流通、消費の関係者(県、県農業協同組合、本場さぬきうどん協同組合、県製粉製麺協同組合、小豆島手延素麺協同組合、県洋菓子協会、県菓子工業組合)による、新たな商品の開発、販売、PRに関する多様な施策の連携・協力に関する協定を締結しました。

 締結を契機として、各団体において「さぬきの夢」が持つうま味や豊かな風味などの特性を生かした新商品の開発を行っています。

 11月には「さぬきの夢」を利用した新製品発表会、各店舗での販売、さらに来年3月の「さぬきマルシェ」での販売も実施予定です。

 「さぬきの夢」を使った、新しい麺製品、洋菓子、和菓子の開発にご期待いただき、完成の暁には、ぜひ、味わってみてください。

香川県知事 浜田 恵造

THEかがわ9月号のページへ

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3078

FAX:087-862-4514