ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事コラム > 知事コラムバックナンバー(令和2年) > 令和2年2月号 知事のコラム No.96「第2期かがわ創生総合戦略」

ページID:4009

公開日:2020年2月1日

ここから本文です。

令和2年2月号 知事のコラム No.96「第2期かがわ創生総合戦略」

第2期かがわ創生総合戦略

知事コラム画像

現在、2020年度から5年間の人口減少対策や地域活性化の道しるべとなる「第2期かがわ創生総合戦略」の策定と、その前提となる人口の将来展望を示す「かがわ人口ビジョン」の改訂を有識者、県議会、県民の皆さまのご意見をお聴きしながら進めています。

人口ビジョンの改訂では、最新データに基づく本県の将来推計人口によると、現状のまま何ら対策を講じなければ、2060年に約66万人まで減少します(図中ア)が、合計特殊出生率が上昇し、2024年以降、毎年1千人の社会増を続けることにより、現在の目標よりも1万人多い「2060年に人口約77万人を維持する」ことを目指します(図中イ)。これにより人口構造が安定し、次の世紀には人口増社会を展望することができます。

これを踏まえ、第2期総合戦略は、4つの基本目標ごとに2024年の数値目標を定め、以下のようなさまざまな施策に取り組みます。

  1. 「香川への人の流れを創る」では、年間1千人の社会増を実現するよう、特に若年層に力点を置き、情報通信関連産業の育成・誘致などにより若者に魅力のある働く場を創出するほか、魅力ある大学づくりや先端技術の活用支援、外国人材の受け入れ・共生などに取り組みます。
  2. 「誰もが安心して暮らし、活躍できる香川を創る」では、人口の自然減を年間6千人程度に抑えるよう、災害に強い県土づくりや交通事故抑止はもとより、子育て環境の充実に力を注ぎ、企業の働き方改革の後押しや、待機児童の解消、児童虐待防止対策をはじめとした困難な環境にある子どもや家庭への支援などに取り組みます。
  3. 「活力ある香川であり続けるための元気を創る」では、県外観光客数が990万人に増加するよう、アート、文化、景色、県産品など多彩な分野での国内外に向けた情報発信や瀬戸内国際芸術祭の開催のほか、夜型観光の推進やスポーツを生かした地域活性化などに取り組みます。
  4. 「人口減少に備えた持続可能な都市と地域を創る」では、県と市町の連携施策数について、5年間で5施策以上拡大することを目標とするほか、地域課題の解決に向けた関係人口の創出・拡大などに取り組みます。

香川県知事 浜田 恵造

THEかがわ2月号のページへ

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3078

FAX:087-862-4514