ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事コメント > 知事コメント 平成27年(2015年) > 2016年サミット「関係閣僚会合」の開催地決定についての知事コメント

ページID:4015

公開日:2015年7月3日

ここから本文です。

2016年サミット「関係閣僚会合」の開催地決定についての知事コメント

2016年主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて開かれる、情報通信相会合が、高松市で開催されることが決定したことは、誠に喜ばしい限りであります。
これも、高松市をはじめ関係市町や県内の経済界をはじめ関係の皆さまと官民一体となって誘致活動に取り組んできた成果であり、厚く感謝申し上げます。

今回、四国で初めて、サミット関係閣僚会合が開催されることとなり、本県のみならず、四国全体の観光をはじめ経済効果や知名度の向上などが期待でき、広く地方創生の観点からも大変意義深いことと考えております。

折しも来年は、国内外から多数の人が訪れる第3回瀬戸内国際芸術祭が開催される年でもあり、また、インバウンドでの訪日を強く動機づける「広域観光周遊ルート」として、先般認定された“せとうち・海の道”や“スピリチュアルな島〜四国遍路〜”という二つの観光周遊ルートが国内外に注目される絶好のアピール機会と考えております。

関係閣僚会合が開催されることにより、観光振興や地域経済への波及など、地域の活性化が図られることを期待するとともに、瀬戸内地域に人を呼び込み、人々の交流を増やしていく契機となるよう、官民挙げて積極的に取り組んでまいります。

これからは、本会合の成功に向けて、所管となる総務省とも連携して、準備に万全を期してまいります。

浜田恵造

このページに関するお問い合わせ

交流推進部交流推進課

電話:087-832-3389

FAX:087-835-5210