ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事コメント > 知事コメント 平成29年(2017年) > 「四国地域の活断層の長期評価(第一版)」の公表に対するコメント

ページID:4070

公開日:2017年12月19日

ここから本文です。

「四国地域の活断層の長期評価(第一版)」の公表に対するコメント

本日、国の地震防災研究本部から「四国地域の活断層の長期評価(第一版)」が公表された。

本県への影響が懸念されるものとしては、「中央構造線断層帯」と「長尾断層帯」において、地震の規模や発生確率などの評価が見直されているほか、新たに「上法軍寺断層」が評価対象とされたところである。

「上法軍寺断層」は、現時点では、発生確率も不明とのことであり、今後の国の対応を注視したい。

県としては、南海トラフ地震の今後30年以内の発生確率が70%程度に高まっている中、今後とも、県民の皆様が、海溝型、直下型を問わず、地震や津波を「正しく知り」、「正しく判断し」、「正しく行動する」ことができるよう、「香川県南海トラフ地震・津波対策行動計画」に沿って、各市町等と連携し、ハードとソフトの両面から防災・減災対策を総合的かつ計画的に進めてまいりたい。

香川県知事 浜田恵造 署名

このページに関するお問い合わせ

危機管理総局危機管理課

電話:087-832-3242

FAX:087-831-8811