ページID:4099

公開日:2018年3月11日

ここから本文です。

東日本大震災七周年に当たっての知事コメント

東日本大震災から7年が経過し、改めて、犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

被災地では、恒久住宅への移転や避難指示解除準備区域・居住制限区域の避難指示解除等が進んでおりますが、今なお多くの方々が仮設住宅等での不自由な生活を余儀なくされており、被災者支援や住まいとまちの復興、産業の再生など、本格的な復興に向けての課題は、未だ多く残されていると感じております。

県では、震災直後より、被災自治体へ継続的な職員派遣を行っておりますが、被災地域の一日も早い復興に向け、引き続き、現地の状況やニーズを的確に把握し、少しでも被災された方々、被災地の力となれるよう、息の長い支援にしっかりと取り組んでまいりたいと思います。

国が公表した評価によると、平成30年1月1日現在で今後30年以内に「南海トラフ地震」が発生する確率が「70%程度」から「70%〜80%」と高まったところであり、本県においても、いつどこで大規模地震が発生してもおかしくない状況にあります。

県では、東日本大震災や熊本地震など、大規模自然災害での教訓を踏まえながら、「香川県地域防災計画」や「香川県庁業務継続計画(震災対策編)」など、各種計画の継続的な見直しを行うとともに、各種訓練等を通じ計画の実効性の確保に努めているところであり、今後とも、各市町や防災関係機関と連携しながら、防災・減災対策を総合的かつ計画的に推進してまいります。

香川県知事 浜田恵造 署名

このページに関するお問い合わせ

危機管理総局危機管理課

電話:087-832-3242

FAX:087-831-8811