ページID:4123

公開日:2019年12月19日

ここから本文です。

「高松−台北線」の増便についての知事コメント

この度、「高松−台北線」について、2020年上期運航スケジュールから、現在の週6往復から週7往復(デイリー運航)へ増便されることとなりました。

「高松−台北線」は、本年4月からデイリー運航となりましたが、「瀬戸内国際芸術祭2019」終了後の12月から週6往復運航となっておりました。

「瀬戸内国際芸術祭2019」の開催等により、今年度の利用者数が増加するなど、インバウンド・アウトバウンドともに好調に推移したため、この度、再びデイリー運航となりました。

デイリー運航となることで、ビジネスや観光等の幅広い分野において、本県のみならず四国と台湾とのより一層の交流の拡大が見込まれ、県経済の発展や県民生活の向上につながっていくものと大いに期待しております。

来年には、「東京オリンピック・パラリンピック」の開催を控え、インバウンドの一層の増加が期待できる中、県としては、デイリー運航が安定的に継続されるよう、高松空港株式会社など関係機関と連携・協力しながら、インバウンド・アウトバウンド双方向での利用拡大に向けて取り組んでいきたいと考えております。

令和元年12月19日

香川県知事 浜田恵造 署名

このページに関するお問い合わせ

交流推進部交通政策課

電話:087-832-3143

FAX:087-831-9606