ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事コメント > 知事コメント 令和3年(2021年) > 香川県庁舎旧本館及び東館を重要文化財に指定することを答申したことについての知事コメント

ページID:28402

公開日:2021年11月19日

ここから本文です。

香川県庁舎旧本館及び東館を重要文化財に指定することを答申したことについての知事コメント

このたび、国の文化審議会において、香川県庁舎旧本館及び東館を重要文化財建造物に指定することを文部科学大臣に答申されたことについて、大変喜ばしく思います。
昭和33(1958)年に完成した香川県庁舎旧本館及び東館は、日本のモダニズム建築を象徴する建築物であるとともに、世界的建築家であり設計者の丹下健三氏の代表作としても知られております。開放的なピロティ、ロビー、南庭から成る県民に開かれた空間は、戦後の民主主義を具現化したものとされています。また、コンクリート造による伝統的木造建築の表現、猪熊弦一郎氏による陶板壁画をはじめとした芸術家との協働、庵治石や後藤塗を使用した地域色豊かな空間表現などは、国内外から高く評価されています。こうした建築物の文化的価値が認められ、このたびの指定につながったものと思います。
平成29年度から令和元年度にかけては、免震装置を新設する耐震改修工事が実施され、現役の庁舎として、防災拠点施設としての機能を果たすとともに、文化的価値を維持しています。今後も、適切に維持保全を図るとともに、末永く県民の皆様に親しんでいただけるよう、努めてまいります。
 

 

令和3年11月19日

香川県知事 浜田 恵造

このページに関するお問い合わせ

総務部財産経営課

電話:087-832-3074

FAX:087-806-0213