ページID:4158

公開日:2015年12月28日

ここから本文です。

知事記者会見 平成27年12月28日(月曜日)

知事定例記者会見要旨

  • 日時:平成27年12月28日(月曜日)13時00分〜13時17分
  • 場所:県政記者室
  • 作成:広聴広報課

質問事項

今年の感想等について

幹事社:今年一年を振り返っての感想と、その中でも特に印象に残っている出来事を伺いたい。また、来年に向けて残された課題にどのように取り組んでいくのか、併せて伺いたい。

知事:この一年間、皆様方には大変お世話になりありがとうございました。まずはお礼を申し上げたいと思います。
今年も様々な施策に取り組んでまいりましたが、最も印象に残っている出来事は行事等ではなく、地方創生に向けた取り組みである「かがわ人口ビジョン」の策定です。
2060年には香川県の人口は、何も対策を講じなければ60万人程度まで減少が見込まれます。それを76万人程度にとどめ、その後、若干の減少を経て、来世紀に向けて安定かつ来世紀には人口増が望める社会のビジョンを県民の皆様にお示ししました。
この点につきましては、今後さらに問題意識の共有が必要な状況です。各市町、他の自治体でもほぼ同様のプランやビジョン、創生戦略を描いていますが、共通していることは、このまま人口減少にまかせてしまうと地域社会や自治体が成り立たないという懸念です。
もちろん香川県における人口60万人という規模を白地で考えますと、小さな県でもありますし、現時点で既にそのぐらいの規模の人口の県もあると思います。しかし、60万人になる過程が少子化によるもので、お子さんが少なく高齢者の方が多いという現状には問題があります。広報で発表した香川県の申年の方の人口比では、12才と84才の方の人数がほぼ同じだったと思います。
この人口構成の状況がさらに進んでいくと、極端に申しますと逆ピラミッド的な人口構成になってしまい、社会保障や福祉は成り立ちませんし、活力のある社会とはとても言えない状況になってしまいます。
また、かつての高度成長は人口がどんどん増えている過程での成果とも言われていますから、逆回転で人口オーナスの時期を迎え、それがさらに進行してしまうと、その影響は高度成長の裏返しのマイナス成長になりかねないと思います。
こういったことを踏まえますと、現時点で「かがわ創生総合戦略」や「新・せとうち田園都市創造計画」のようなプランやビジョンを示すことができ、今後、実践していく必要があるという思いが今年最も印象に残った出来事の一つです。
もう一つは、欧州を訪問し、ミラノ万博への参加やトップセールスの実施、イタリアパルマ市との友好交流協定締結、さらにはスペインガリシア州と四国4県の協力協定の締結ができたことも大きな出来事だったと思います。
その他には栗林公園の商工奨励館のリニューアルや、県産品の「おいでまい」が連続特A評価を受けたことなどがありました。
また、スポーツ面では低迷していた県高校野球界において高松商業高校が見事、明治神宮大会全国制覇を果たしましたし、バドミントンでは桃田選手が世界スーパーシリーズで優勝するなど、明るい話題がありました。

来年に向けての残された課題は、まさに先ほど申し上げました人口減少活力向上対策をいかに実行していくかだと思います。絵に描いた餅になるのではと言ったご批判もありますが、ひとつひとつ着実に実施していくことが大切だと思っています。
その一つには、地場産業や県産品の振興があると思います。また、2016年で申しますと「瀬戸内国際芸術際2016」が3月20日に開幕し、4月には「G7香川・高松情報通信大臣会合」が開催されます。これらを着実に成功させたいと思っています。
そして、交通死亡事故を減らすことです。昨日現在で昨年と同じ52人の方が交通事故で亡くなっています。交通事故による死者を一人でも減らしていきたいと思っています。
豊島廃棄物等処理事業につきましては、処理期限が28年度末ですので正確には29年にまたがりますが、調停条項上の期限が迫ってまいりますので、県政最重要課題の一つとして、最後まで安全と環境保全を第一に緊張感を持って全力で取り組んでまいりたいと思っています。
新しい年には気持ちも新たに県議会や各市町と連携を図って、県民の皆様の声を聴きながら県政推進に全力を尽くしたいと思っています。県政記者の皆様には来年も是非よろしくお願いいたします。

政府関係機関の地方移転について

記者:政府関係機関の地方移転について、先般中央省庁や研究機関など34機関が決まった。一方、香川県は4つの機関の移転について申請しているところだが、このうち農研機構の研究拠点一つについて、現在対象として残っている状況である。この状況についてどのように捉えているのか伺いたい。

知事:省庁、また間に入っている内閣府、そして各県市の担当者、それぞれが膨大なエネルギーを費やしています。そして今、ご指摘のように本県については農研機構が全面移転ではありませんが、その機能の一部について移転ということができないか調整中であり、引き続き国側とお話をしているという状況です。
全国知事会等でも申し上げましたが、せっかく移転という話を打ち出して、地方創生に結び付けようという時に、移転してくれと言われた省庁側の態度があまりにも頑なです。環境省の環境調査研修所も要望していましたが、旅費が多くなるという理由をあげています。それは、東京で講師を集めるからであって、西日本でも香川県でも講師を準備することも可能です。全国から集まる研修生については、東京に集まっても香川県に集まっても旅費は同じではないかと思います。
いろいろと、研究そのものに支障があるとか、研究所の場合は一緒に集まっていることがプラスなんだということであれば、全面的に移転してくれということですが、そうなると何十億何百億という設備を新たにやりかえなければいけないとか、国際的な研究になると東京近辺にいないと非常に支障がでるとか言われています。その辺も本当にそうなのかよくわかりませんが、徳島県が消費者庁の関係でテレワーク的なものを実証していましたが、そういった可能性をもっと幅広く考える必要があるのではないか思います。今回これでおしまいということではなく、更に検討していき地方創生に繋げていくべきであると思います。
韓国では行政機関の移転もしております。憲法違反ということがあり首都機関ではなくて、行政機関の移転ということで、3分の2がソウルから離れてセジョン市というブラジリアのような人工都市に移っております。先般視察して参りましたが、これは首都移転的な話で別の角度になりますが、実は、よく聞くと今わが国がやっている政府関係機関、研究所等についても、地方自治体の単位で均等に割り当て、それぞれのところに各省庁各機関に行きなさいということが進みつつあるということです。
かつて、竹下内閣の時にふるさと創生の一環で政府機関移転があり、私も予算担当者の一人でありましたが、八王子等東京周辺でよいということになり大学の移転みたいな話と似たような話で、確か自治大学校も麻布から立川に行きました。当時の大蔵省の醸造研究所が広島に行きました。本当の地方に行ったのはおそらくそれぐらいで、関東周辺に残ったところが前回の地方移転でも多かったということです。その教訓を踏まえてもっともっと踏み込んだものにしてほしい。そういった意味で、先般4県の知事が新聞の企画で集まることがありましたが、徳島県が消費者庁の移転を推進していることについては是非頑張って頂きたい。エールを送りたいと思っています。

瀬戸内国際芸術祭2016、G7香川・高松情報通信大臣会合の開催について

記者:来年3月には瀬戸内国際芸術祭2016、4月にはG7香川・高松情報通信大臣会合もあり香川県にとってはチャンスの一年になると思う。知事として、どのようにこのチャンスを生かしていきたいか。また、今考えている範囲で具体的な計画などがあれば伺いたい。

知事:おっしゃるとおり、瀬戸内国際芸術祭は3年に一回ですが、関係閣僚会合については次に来るのは7年後か8年後ということですから、これを開催できること、これは一つには交流人口の増大という意味で非常に意義があると思っております。
先ほどの人口減少問題で産業振興等も申し上げましたが、そこが本格的な、あるいは少子化対策、出生率向上についても時間がかかるので、やはり、この瀬戸内の観光資源を生かして四国4県あるいは瀬戸内7県で連携していく、その中でも香川県においては非常に強力な武器、瀬戸内国際芸術祭とG7閣僚会合があります。これをまずは、情報発信という意味でいかに有効に使うか「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクトによって情報発信されていますが、やはり、この旅行先として、あるいは物産品の購入先としても選ばれる香川を目指すということで、この二つのイベントを活かして更に知名度を上げて、その際には、瀬戸内海の美しさ、また食とアートとの融合などをポイントにして、香川の魅力を是非国内外に効果的に発信していきたいと思います。
関連の事業については、瀬戸内国際芸術祭の中身も工夫しております。例えば、瀬戸内国際芸術祭で食を重点にテーマにしたり、アジアとの繋がり、前回はバングラデシュでしたが、今回はアジア村といった企画を考えております。
G7香川・高松情報通信大臣会合についても先般、G7学生ICTサミットin高松を行ったばかりですが、IT関係の技術、WiーFiの普及等も合わせて貢献するようにできればいいと思っております。
MICEと言われる広い意味での観光、新しい観光ミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビジョン、展覧会、会議、報奨旅行、昔でいえば社員旅行、そういった人の流れを呼び寄せていくように二つのイベントを有効に活用していきたいと思っております。

「以上」

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3820

FAX:087-837-0421