ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 定例記者会見 > 知事記者会見 平成28年(2016年) > 知事記者会見 平成28年9月12日(月曜日)「香川県」

ページID:4210

公開日:2016年9月13日

ここから本文です。

知事記者会見 平成28年9月12日(月曜日)「香川県」

知事定例記者会見要旨

  • 日時:平成28年9月12日(月曜日)13時00分〜13時12分
  • 場所:香川県庁本館9階 県政記者室
  • 作成:広聴広報課

質問事項

特別警報の発令後も交通死亡事故が相次いでいることについて

幹事社:県内で交通死亡事故が多発していることを受けて、先月30日に特別警報が発令されたが、その後も事故が相次いでおり、今月7日には三豊市で歩行者が軽トラックにはねられて亡くなり、昨日も高松市内で死亡事故が発生した。こうした状況について、改めて知事はどう認識しているか、また県として今後検討している対応・施策があれば伺いたい。

知事:ご指摘のとおり、先月末に、「交通死亡事故多発全県特別警報」を発令しましたが、9月に入っても既に3名の方がお亡くなりになり、年明けから43名もの方が亡くなられています。8月、9月と死亡事故多発という傾向が止まらず、誠に残念であり遺憾であると思っております。

かつて、全国ワースト1位が続き、それが徐々に減少してきて、昨年が多い方から7番目でしたが、現在は3番目ということになっています。問題は順位や率ではなく、一人でも死亡事故に遭われる方を少なくしなければいけないと思います。毎週のように交通事故によって、県民の方の尊い命が失われているということに対して、私どもとしても全力を挙げて悪い流れを断ち切って交通安全を徹底するように努めていきたいと思います。

最近の対応としまして、お手元に資料をお配りしているとおり、既に8月下旬に全戸配布の県の広報誌「THEかがわ」にチラシを折り込んでいます。8月26日に、私は郷東町の運転免許センターで運転免許更新の手続きをされている皆さまに直接アピールをしました。また、ラジオスポットも8月31日から9月9日にかけて放送しました。9月6日には、高齢者関係団体への「緊急アピール」も私自ら行い、関係団体による共同宣言もなされております。さらに、9月8日から「エンジェルギフト作戦」という事業が既に実施されております。これは、当初予算で計上しているものであり、何度かご説明したことがあるかもしれません。また、先週、県警本部からも実施について発表があったと思いますが、県内の5歳の幼稚園児から、曾祖父母などへ反射材付きベストをギフトボックスに入れて贈っていただくようになっています。このギフトボックスには、交通安全のしおり、靴に付ける反射材、手紙が書けるカードなどいろいろなグッズが入っています。これは、平成28年度の予算で歩行者の方にも注意していただきたいと思い、実施することとしたものです。交通事故死者数43名のうち、夜間の歩行者の方は11名、そのうち反射材をつけていたのは、たった1名でした。もし、残りの方が反射材を付けていらっしゃれば、死亡事故には至らなかったのではないかと思います。

高齢者の方に「たすき」を渡しても、実際出掛ける時に付ける習慣が普及していないと思います。そういった中で、お孫さんなど小さいお子さんからこういった形でベストをもらうことによって、着用の抵抗感を少しでもなくし、ご高齢の方に是非、夜間の歩行の際に着用していただきたいと思います。こういったことを28年度予算に盛り込んでおりまして、9月初めからギフトボックスを各幼稚園に送っています。9月26日には、「エンジェルギフト」贈呈式を高松市の屋島幼稚園の皆さまを対象に実施したいと思っております。是非、報道の皆さまにもご協力いただいて、反射材を付けるということに県内の高齢者の方がご協力いただけるようにしていきたいと思います。

その他、今後の実施予定としまして、9月19日、交通安全啓発の「安全安心ラブレターイベント」を大型ショッピングセンターで前倒して実施します。また、自動車教習所、長寿大学での緊急啓発活動の実施、「秋の交通安全週間」に入り、全国交通安全に合わせた街頭キャンペーン、先ほど申し上げた反射材の着用啓発街頭キャンペーンを行っていきたいと思っております。

事故については、運転をしていても自分はルールやマナーを守っていると思っている方が多いと思いますが、一瞬の油断で死亡事故に至ってしまい、自分が被害者や加害者になってしまうかもしれませんので気を付けていただきたいと思います。人身事故が減っている中で、死亡事故のみ増えている異常な状態を解消するため県民の皆さまのご理解と御協力をお願いしたいと思います。また、県トラック協会、県タクシー協同組合など各種団体にお願いして、マナーアップ運動の実施を呼びかけたいと思っています。

民進党代表選について

幹事社:3人が争う民進党代表選が15日、投開票される。経済政策や憲法改正などをめぐるそれぞれの主張も熱を帯びているが、知事は、どのように見ているか。立候補している3人の中に、香川2区選出の玉木雄一郎氏が含まれる。香川県出身で、知事とは大蔵省時代の先輩後輩に当たるが、玉木氏の出馬について、どのように受け止めているか伺いたい。

知事:民主党の代表選につきましては、現在、代表選挙の最中ということですが、野党第1党の代表を決める選挙であり、非常に重要なものだと受け止めております。3人の候補のうちの1人は、ご指摘のように香川2区選出の玉木代議士であります。ご自身も少し言及されていましたが、3人の候補のうち最も地方の実態を分かる、そういう立場にある。もちろん、中央でもご活躍されていますが、現在住んでいる場所が香川県のど真ん中である。こういった趣旨のことをおっしゃっていましたが、是非この地方の立場から今後の国政についてどのようにすれば地方創生、地域活性化というものがなされるのか発信していただきたいと思います。それによって、民主党の代表選においても地方創生、地域活性化への関心が高まってもらえれば大変有り難いと思っております。

「以上」

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3820

FAX:087-837-0421