ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 定例記者会見 > 知事記者会見 平成30年(2018年) > 知事記者会見 平成30年12月28日(金曜日)「香川県」

ページID:4259

公開日:2018年12月28日

ここから本文です。

知事記者会見 平成30年12月28日(金曜日)「香川県」

仕事納めにあたっての知事記者会見録

  • 日時:平成30年12月28日(金曜日)13時00分〜13時08分
  • 場所:香川県庁本館9階 県政記者室
  • 作成:広聴広報課

質問項目

  1. 今年を振り返って
  2. 豊島廃棄物等処理事業について

質問事項

幹事社:今年1年を振り返っての所感と来年特に力を入れて取り組んでいきたいことを伺いたい。

知事:まずはこの1年間、報道の皆様方には大変お世話になりました。ありがとうございました。
今年1年ということですが、1月早々、鳥インフルエンザの発生ということで、県としては本当に初めての事態、いわゆる危機管理という面も含めて難しい問題の解決を迫られましたけれども、おかげさまで自衛隊はじめ関係団体の御協力もいただいて、無事に収束できたのは、よかったなと思っております。
その後も、全国的に地震、豪雨あるいは台風等の災害が非常に多かったと、これはやはり大変印象に残っております。そういった中で、8月末の知事選挙で、県民の皆様から御支持をいただき、3期目を迎えたわけでございますけれども、県政に関しては、これまでの1年、選挙の前からの事象として、瀬戸大橋開通30周年、小豆島オリーブ植栽110周年あるいはハマチ養殖90周年という記念の周年の年でもあったわけですけれども、4月には高松空港株式会社による高松空港の運営の民間委託、そして子ども政策推進局を県の新しい部局としてやはり4月からスタートしております。またいわゆる水道の広域化ということで、香川県広域水道企業団が発足して、その事業が4月に開始されております。また交通関係で、先ほど民営化についても申し上げましたけれども、10月にはソウル便のデイリー化が開始されております。そういった様々な取組みを行っていく中で、一定の成果も出てきているのではないかと思っております。
またそういった中、計画的な県政の推進ということで、「香川県文化芸術振興計画」あるいは「がん対策推進計画」、「高齢者保健福祉計画」、さらには「障害者プラン」、「保健医療計画」等も策定を進めております。こうしたことを踏まえて、さらに来年以降、様々な課題に取り組んでいく必要があると思っております。その第一はやはり防災・減災対策の推進、今年のこの災害多発の状況を踏まえて、改めてハード・ソフト両面から対策を推進していく必要があると痛感しております。
もう1点これに関連して、自然災害ではありませんけれども、交通死亡事故抑止対策、昨日までの時点で、今年1年交通事故でお亡くなりになられた方42人ということでありますが、これは昨年よりも少ない数字となっております。また、いわゆる事故件数そのもの、あるいは負傷者数というのも、着実に減っておりますけれども、いわゆる人口対比で見ますと、まだまだワースト上位という状況から脱却できておりません。この点について、さらに交通死亡事故を減らしていくべく、取り組んでいかなければならないと思っております。
さらに、もう一つの大きな課題は人口減少問題でありますけれども、その克服のためにも、「香川県産業成長戦略」に基づく種々の産業振興、そしていわゆる働き方改革への対応、また雇用対策の推進、こういったものも通じて人口減少の一番基本のところである雇用の確保、それらを通じたいわゆる自然増減についてですね、子育ても含めてこの大幅な減少に少しでも歯止めをかけていきたいと思っております。
また、そのための様々なツールとしても、交通手段の整備、特に高速交通の鉄道面での四国の新幹線のさらに推進を図っていく、こういったことも重要だと思っております。
また、県産品の振興ということも人口面で、いわゆる交流人口を増やしていく上でも、重点を置いていきたいと思っております。
そのほかにも、豊島廃棄物等処理事業、また新県立体育館の建設、そして4月になりますと、いよいよ「瀬戸内国際芸術祭2019」ということになりますので、そうした取組みについて、ぜひとも、いろんな意味で地域の活性化に繋がるように全力を挙げて取り組んでいきたいと思っております。
県政記者のクラブの皆様にも大変お世話になりますけれども、新しい年もぜひよろしくお願いしたいと思います。

記者:最後の方で少し触れられていた豊島廃棄物処理事業の関係で、2回目の追加調査が先日終了して、新たに見つかったのが7トンということで、トータルで617トンの廃棄物が確認できたということになってこようかと思うが、改めて来年に向けて処理も進んでいくと思うし、あと現時点ではっきりしているかどうか分からないが、2度目の追加調査を経て、今後、他の部分を調査するかどうか、そのあたりのことに関してどのようにお考えか伺いたい。

知事:今回の追加の確認調査結果につきましてですね、豊島廃棄物等処理事業フォローアップ委員会の委員の皆様にお伝えしておりますけれども、この各委員の御意見も踏まえ、今後、どのような対応にするか考えていくことになると思っております。

知事:ありがとうございました。よいお年を。

以上

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3820

FAX:087-837-0421