ページID:23195

公開日:2021年3月31日

ここから本文です。

知事記者会見 令和3年3月29日(月曜日)

知事定例記者会見録

  • 日時:令和3年3月29日(月曜日)13時00分から13時33分
  • 場所:香川県庁本館9階 県政記者室
  • 作成:広聴広報課

報告項目

  1. 現在の市町の新型コロナワクチン住民接種の状況について

報告事項

お手元に資料があろうかと思いますけれども、現在の各市町の新型コロナワクチン住民接種の取組状況ということでありますけれども、準備状況であります。高齢者向け優先接種の開始に向けて、各市町において、医療機関、あるいは医師会などと協議が行われ、実施に向けた準備が進んでおります。3月25日時点での各市町の高齢者向け優先接種の準備状況につきまして、お手元の資料のとおりとなっており、これ、それぞれ市町によって異なりますけれども、早い市町では、4月中旬から接種を開始することとして、そのための予約を4月上旬から受付開始する、そういったところもあると伺っております。
この準備状況等は、日々変わっていく面がありますので、これは、あくまでも御参考のために取りまとめたものでありまして、最新のそれぞれの情報、あるいは詳細な点につきましては、各市町に直接お問い合わせいただきたいと思います。

質問項目

  1. 新型コロナウイルス感染症の再拡大について
  2. 東京2020オリンピック聖火リレーについて
  3. 香川県ネット・ゲーム依存症対策条例について
  4. 「うどん県泊まってかがわ割」について

質問事項

幹事社:2問質問させていただきます。まず1点目は、新型コロナウイルス感染症の再拡大に関連して、首都圏や大阪府だけでなく、宮城県や沖縄県といった一部地方でもコロナの感染の再拡大がみられる中、隣県の愛媛県では、感染者が急増することによって、中村知事が第4波に入ったということで、独自の警戒レベルを引き上げました。香川県に関しても、昨日発表分が7人、本日、先ほど発表していただいた感染者数6人ということで、少し感染の数も増えてきているという状況にあると思います。変異株の感染例も既に2例確定している中、今後、リバウンドをどのように抑制していくか、対応をお聞かせください。
2点目は、東京五輪の聖火リレーに関連してです。聖火リレーが25日に福島県で始まりました。県内では、来月17、18日に開催が予定されています。現在の準備の進ちょく状況をお示しください。また、既に始まったリレーでは、コロナの対策が課題となる中、関係者が「密」の防止には努めているものの、沿道に人が密集するような場面もみられました。今後、香川県で開催するにあたって、沿道の警備であるとか、観覧者への注意喚起など、その対応についてお聞かせください。

知事:まず、1番目の新型コロナウイルス感染症についてでありますが、先ほど、私のところに報告がありまして、いわゆる変異株PCR検査、スクリーニング検査の3月29日分の結果ということでございますけれども、現在、確認中のところがありますので、資料がお手元に間に合っておりませんが、本日、香川県環境保健研究センターの変異株PCR検査、いわゆるスクリーニング検査、もう既に陽性になったものの検査ということでありますけれども、3月下旬に発症、または無症状いうことで3月下旬に検体採取した、それらの例の中で、13例変異株の可能性があるとの結果が出ております。この検体については、ゲノム解析を行うため、国立感染症研究所へ検体を送付いたします。その点について、まず御報告申し上げます。
その上で、御質問でございますけれども、3月21日に緊急事態宣言は解除された訳でありますけれども、御指摘のように、宮城、あるいは沖縄をはじめ、また隣県等でも多くの新規の患者さんが発生しております。
本県においては、3月20日から4日連続で新規感染者がゼロとなるなど、直近1週間で新規感染者数10人を下回るといった日が続いておりましたけれども、これも御指摘のように、一昨日7人、昨日6人と、新規感染者が増加しており、昨日までの1週間でみますと、新規感染者数19名となっております。
感染経路不明者数の割合は42.1%、病床のひっ迫具合を示す病床使用率は7.2%、うち重症者用病床について3.8%、人口10万人あたりの療養者数3.0人、直近1週間のPCR陽性率1.1%と、国のステージ3相当を下回っておりますけれども、直近1週間と先週1週間を対比しますと、その倍率は1.7ということになり、1を上回っております。
このようなペースで新規感染者数が増加すれば、再度、県が定めている警戒期について、現在の「準感染警戒期」から「感染警戒期」に移行するということも視野に入れる必要があると考えております。今後の状況に十分な警戒が必要であると考えております。(※ステージ3の「3」は、正しくはローマ数字です。)
先ほども申し上げました全国的な状況、そして、今、御報告申し上げた変異株が香川県でも拡大しているということも含め、この警戒期の対応について、十分、いろいろな角度からの検討も踏まえながら、必要があれば、速やかにそういった対策期の移行を行ってまいりたいと。いずれにせよ、引き続き、油断することなく、気を緩めることなく、感染防止対策に取り組んでいかなければならないと考えております。
そのためには、いつも申し上げております、三密の回避やマスクの着用、手洗いなどの基本的な防止対策の徹底、また、事業者において、業種別ガイドラインの徹底などをお願いしておりますが、加えて、この時期、会食の機会、また、県内外での人の移動が多い時期でありますので、特に注意していただきたい事項を先日12日の対策本部会議、あるいは、先週のこのいろいろな場でも、私の方からお願いしておりますが、改めて申し上げますと、歓送迎会、謝恩会、お花見、卒業旅行などの恒例行事は特に注意をしていただきたい。実施する際には、感染防止対策を十分にとって、少人数・短時間で。配席を工夫し、会話の際はマスク着用。体調不良の方は参加をしない等々であります。旅行も、感染拡大地域を避け、混雑しない時期にいつもの仲間と、できれば県内で楽しんでほしいと。また、進学・就職等で移動する方は、移動前後の2週間、「感染リスクの高い『5つの場面』」は避けていただきたい。また、あいさつ回りも、できる限りオンラインなどで行って、対面を避けていただきたいということでございます。
この時期、感染対策が十分でない、これは常にそうではありますけれども、特に、この時期でありますので、会食、行事で感染対策が十分でないとお感じになられるようなときは、勇気をもって断るということをぜひ検討していただきたいと思っております。そういった点を、ぜひとも皆さまに重ねてお願いしたいと思います。
県といたしましては、こうした点に加えて、県の対応として、PCR検査、これは変異株か否かにかかわらず、これまでも幅広く、濃厚接触者あるいは接触者に対して実施してまいりましたけれども、今後とも、いわゆる積極的疫学調査を確実に実施して、県内で感染拡大にならないよう、また変異株等についても、いち早くそれを検査していくことによって広がりを抑え、囲い込みを行っていきたいと思います。また、皆さまへのお願いということになりますけれども、PCR検査の結果が陰性であった濃厚接触者については、予防対策の徹底、また、症状が少しでも現れれば早急に保健所等へ連絡するようお願いしたいと思います。
いずれにせよ、県としては、医療提供体制、また検査体制の充実はもとより、来月から始まります、先ほどの高齢者向けのワクチンの円滑な接種、さらには、変異株についての対応等も十分に留意してまいりたいと考えておりますので、県民の皆さまにも、繰り返しになりますが、油断することなく、感染防止対策を徹底していただきますよう、御理解、御協力をお願いしたいと思います。
2問目の聖火リレーにつきましては、福島県を先週出発して、本日は栃木県と聞いておりますけれども、7月23日のオリンピック開会式まで、全都道府県で実施する中で、香川県におきましては、4月17、18日の2日間、県内すべての市町、29.4kmのルートで、約180人のランナーが聖火を繋ぐ予定となっております。これまでも、既にお見かけになっていると思いますが、交通規制等の実施に向け、告知看板の設置を進め、県や各市町の庁舎に立て看板・懸垂幕も掲出し、機運の盛り上げにも取り組んでおります。
また、当日、大勢の方々が観覧されるということが想定されますので、県警、また各市町をはじめ関係者と連携して、スタッフ、あるいは資器材の配置に向けた準備を進めております。
沿道での観覧につきましては、県実行委員会として、大会組織委員会の示す感染症対策に関するガイドラインに沿って、感染防止に配慮した行動をお願いしたいと思います。具体的には、発熱や咳があるなど、体調不良の際には、観覧は控えていただきたいと。お住まいに近い場所で、このリレーを観覧いただきたい。特に、こちらから県外に見に行くとか、あるいは県外からこちらに来られるということは控えていただきたいと思っております。マスクの着用と、また声を出さずに拍手等で応援をいただきたい。そして、前後左右の方と適切な距離を取っていただきたいと考えています。
聖火リレーはインターネットライブ中継が行われますので、そちらの方の視聴を活用いただければと思います。組織委員会の方からは、当日、沿道で密集が生じた場合には、聖火リレーの先導車両から、密集を避けるよう呼び掛けを行うとも聞いております。県の実行委員会スタッフも、随時、この密集回避を呼び掛けて、訴えるPR板、POPを掲げて、注意喚起を行うこととしております。

幹事社:まず最初に、変異株の関係でお伺いをするのですけれど、速報ということだったので、分かっている範囲で結構なのですが、香川県の場合、1週間単位でスクリーニング検査をされていたかと思うのですけれど、今日検査をされたということは、先週の感染判明分、今日、要は発表されたもの以外を検査されての数字ということでよろしいですかね。今日6人というふうな。

知事:今日の分が、昨日検査をして判明しているわけですので、確か、そこまで入っているのではないかと思いますけれども、始まりは3月21日からになるのかなと思いますが、ちょっとそのどちらにカウントされているのか、先週分なのか、あるいは今週分でどこまで入っているのかを、ちょっとこの後、いずれにせよ、資料を発表しますけれども、何日から何日かというのは、もう一度確認したいと思います。

幹事社:分かりました。先ほど、直近1週間だと19人という数字をお示しいただいたかと思うのですが、今日の発表分が入っているかどうかはともかくとして、かなりの割合で、変異株の疑いというのが出ているというふうに認識せざるを得ないのかなと思うのですが、もう変異株に置き換わってきているというか、そういうふうな受け止めでしょうか。

知事:そのとおりだと思います。分母につきましては、これは基本的には、ベースが環保研でPCR検査したもので、医療機関の分については、従来は扱っていなかったというか、スクリーニングしていなかったのを、前にも申し上げましたように、それも環保研の方に送っていただいて、まず環保研で第一次的なスクリーニング検査をすると。ただ、全ての医療機関から全部来ているかどうか、そこはちょっと確認できておりません。いずれにせよ、先週1週間、概ね1週間の陽性が、変異株によるものであったと、概ねですね、そのかなりの部分が変異株によるものであったということは、間違いないと思います。

幹事社:そういう中で、先ほども少し感染防止策のお話をしていただきましたけれども、変異株の型の確定は、多分これからになろうかとは思うのですが、一般的に、感染力が強いというふうに言われている中で、改めて、そういう県内で感染者が徐々に増えていっているということも含めて、注意すべきところというのはいかがですか。

知事:先ほども申し上げた基本的な動作、これを徹底すると。そして、県としては、検査をできる限り幅広く、濃厚接触者に限らず、接触者についてもできる限り幅広く、1日でも早くその検査の網をかけていくことによって、その分、仮に陽性であったとしても、その広がりを、その1日分だけ縮めることができると、そういうふうに考えていますので、またそうした検査にも、皆さまにも、関係者にも御協力いただきたいと思っております。

幹事社:先ほど、ちょうど年度替わりの時期の関係で、会食等の行事の対策のお話をしていただいたのですが、先般、県警の方で感染者が相次いで判明するという流れの中で、10人以上の会食というのを、10人以上と、あと20人ですかね、会食をしていたと。それで、最初の10人以上の会食の中では、既に会食に出席をしていた方で複数感染者が出ているというような現状があろうかと思うのですが、今までも、知事の方で、そういう「大人数での会食というのは、控えるように」というふうな呼び掛けもされていたと思うのですが、結果的に、なかなかそこが守られていなかったという部分もあろうかと思うのですけれど、まず、その受け止めは何かありますでしょうか。

知事:今回の警察職員の事例について、具体的な感染経路ということで、今、確定しているわけではありませんので、個別事例として言及することは控えたいと思いますけれども、一般論として、この会食の人数については、4人というような、「例えば」ということで示されております。一時、尾身会長が、5人というようなことをおっしゃったこともあると記憶しておりますけれども、国のいわゆる「5つの場面」においては、大人数の例えとして、5人以上とされております。ただ、「家族はそれとは別である」というような記載にもなっているわけですけれども、その時の配席、あるいはパーティションの設置、それから当然ながらマスクを会話の際、着用しているかどうか、またお店の方の換気等の対策はどうなっているか、こういったところにもよる面があると思います。非常に逆説的に言えば、仮に3人、4人の会食であっても、マスクもせずに、いわば大いに盛り上がってしまうような飲食は、それは人数が少ないからOKだということではないと。人数が多くても、できるだけということで、この今、申し上げたような予防策を徹底していただくということはあると思いますが、また時間についても、そういった点、一概に言えない面も、これもあると思いますが、私の方から県民の皆さまに対して、「会食の際は少人数・短時間で」とお願いしているところであって、警察職員を含む県職員にあっては、県民の皆さまに対して、その点で疑問を持たれないような行動を心掛けるべきであろうと考えているところであります。

幹事社:先ほど「勇気をもって断るということも検討してほしい」という御発言があったかと思うのですけれど、改めて、今おっしゃられたように、県の職員の方々も当然、異動のシーズンですし、そういう会食の可能性というのはあろうかと思うのですが、具体的に、何か先ほどおっしゃられたようなことを、通知であるとか、何かこう再徹底されるような動きというのはあるのでしょうか。

知事:はい。今、申し上げたような趣旨については、今朝の部長会議で、私から、改めて徹底するように、特に、県職員として疑念を持たれるようなことのないように指示したところであります。そうした点について、さらに各部長から部下職員、あるいは出先にも再度徹底するように、今日、そういった指示をしております。

幹事社:その中には、県警に対しても同じでしょうか。

知事:県警の方は、県警本部長からお話がありましたけれども、徹底していきたいということで、先に御報告をいただきました。

記者:先ほどの知事のお話で、感染対策期の移行を速やかに移行することも検討されるということですが、これは1週間の新規感染者数や感染経路不明の割合が、次の段階に近づいてきているからという意味ですか。

知事:いや、もう24人という数字に近づいているからということです。

記者:変異株の割合が増えていることで、何かそういう数値とは関係なく移行するということはあり得ないのですか。

知事:それは、今のところ考えていません。置き換わっていっているということであれば、その基準となる24人とか48人という数字をどう考えるかというところは、もちろんあろうかと思いますけれども、それはむしろ、感染スピードが一般に速いということであれば、基準が逆に上がるということも考えられますので、いずれにせよ、対応策は共通でありますので、現段階では、この警戒期の移行については今の基準で、基本的には、この段階では1週間当たりの感染者数、これを基本として考えていきたいと思っております。

記者:知事にネット・ゲーム依存症対策条例のことについてお伺いします。条例が施行されて4月1日で丸1年になりますが、この1年の総括として、県として行った依存症対策の成果と課題について、知事の所見をお伺いしたいです。

知事:この1年、教育委員会、あるいは健康福祉部において、それぞれ、さまざまな事業を行っております。周知徹底、あるいはガイドラインと言いますかマニュアル、医療関係者向けのそういった取り扱いについても、いろいろと研究していただくといったことも行われたと思います。このネット・ゲーム依存症関係で非常に著名な久里浜病院(※)でしょうか、正式名称をちょっと後で確認したいと思いますけれども、そういったところにも派遣をこの1年しておりますけれども、そうしたことによって、いろいろと周知・啓発は進んでいると、関心の度合いも含めてですね、この点はいろいろな数字も出ていたと思いますけれども、ちょっと今、手元に資料がありませんので、数字に言及は控えたいと思いますが、そういうことで、一言で言えば、啓発について、事業を実施して、それについて、数字的なものは別として、深まっていったのではないかと思います。今後さらに、この新年度にさまざまな事業を、新規分も含めて、私どもとしても予定しておりますので、それらを通して、この依存症の防止という点について、力を入れていきたいと思っています。
((※)正式名称は「久里浜医療センター」です。)

記者:新年度にも続けていきたいということをおっしゃったのですが、その具体的な対策の予定とか、周知の方法というのは決まっているのでしょうか。

知事:いろいろとこれまでも予算の内容として御説明申し上げてきていると思いますが、今、私、手元にはちょっと細かい資料を持っておりませんので、担当課の方に、教育委員会も含めてお聞きいただければと思います。

記者:分かりました。もう一つ聞きます。条例では「必要があれば、国に対して予防策の策定と実施を求める」こととしていますが、現在、国では「ネット・ゲーム依存症の治療・予防に関する、確率高い科学的知見は承知していない」としています。香川県だけが突出して対策を進めているような感じもありますが、このことについてはどうお考えでしょうか。

知事:決してそのような孤立して突出しているということはないと思っております。国の答弁については、私も承知しておりますけれども、これを依存症が広がるのを放置してよいといったということでは、全くないと思っております。

記者:県独自の宿泊割引の延長の件でお聞きしたいのですが、現在、6月末まで延長というふうになっていますけれども、感染状況によって、こちらの事業について、変更等のお考えはありますでしょうか。

知事:はい。この事業について、御承知のように先週、国土交通省、観光庁の方から、国としてそういった事業、香川県の事業がそれだという特定があったわけではありませんけれど、そういった種類の事業について、いわば、Go Toではないのですけれども、地域限定といったことで、その内容がそういうものであれば支援をしていきたいという発表がありました。香川県の現在の事業も、そういう趣旨には該当すると思いますので、その支援をどうやって活用していくか、期間・期限なり、あるいは割引の金額ということに国の支援を生かしていけば、影響と言いますか、広げることも可能だと思いますけれども、現在、なお詳細の説明会も、この後、国から行われるということで、まだ、逆に言えば、ちょっと細かいところが分かっておりませんので、そうした点を踏まえた上で、また感染の広がりということは、両方あろうかと思いますので、それらも含めて、今後の取り扱いをさらに考えていきたいと思っています。

記者:ありがとうございます。感染の広がりがなければ、国の事業を活用して、内容なり、期間なりを充実させていくお考えということでよろしいですか。

知事:そうですね。理論的には全く別の事業、別のもの、今の「かがわ割」とは別の立て方をする事業・新規事業というものあり得ますけれど、それはちょっと分かりにくいと言いますか、現場でも2種類あるというようなことになると、非常に複雑になると思いますので、新しい事業として位置付けるというか、名称等も変えるということは、あるいはあるかもしれませんけれども、内容としては、現在の「かがわ割」を、さらに、この国の支援を活用して充実させていくことができないか、今後、検討していきたいと思います。

以上

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3820

FAX:087-837-0421