ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事からのご挨拶 > ご挨拶 > 令和3年2月県議会定例会提出議案知事説明要旨「県政運営の所信について」

ページID:21697

公開日:2021年2月17日

ここから本文です。

令和3年2月県議会定例会提出議案知事説明要旨「県政運営の所信について」

知事顔写真

令和3年2月県議会定例会の開会に当たり、県政運営の所信及び令和3年度当初予算の概要と主要施策等について御説明し、議員各位、県民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと思います。

一昨年末、中国湖北省で初めて確認された新型コロナウイルス感染症は、瞬く間に全世界に拡大し、今や陽性患者は1億人を超え、いまだに多くの人々の命と健康がおびやかされています。本県においても、一昨日までに724名の新型コロナウイルス感染症の陽性患者を確認し、18名の方がお亡くなりになられました。お亡くなりになられた方々には心からお悔やみ申し上げますとともに、療養中の皆様が一刻も早く快復されることを願っております。
コロナ禍のもと、人の移動や接触への制約は世界規模で深刻な経済停滞を招き、世界全体がかつて経験したことのない危機に覆われており、積極的に交流して関係を深めることで活力を生み出してきた、これまでの生活スタイルや社会の在り方に大きな影響が及ぶとともに、それらの変容が求められています。
こうした中、令和3年、まずなすべきことは、この新型コロナウイルス感染症への対応に全力を注ぎ、引き続き県民の皆様の命と健康、暮らしと雇用、事業を守っていくことであります。この感染症は、現時点では収束時期の予測が困難であることに加えて、その感染防止と人々の社会経済活動の両立についても、難しい舵取りが求められております。私としては、感染防止対策の決め手とされるワクチンの円滑な接種に向けて、その準備を着実に進めるとともに、引き続き、検査・医療提供体制の確保等に万全を期しながら、県内や全国の感染状況を見極めつつ、社会活動や地域経済の回復についても、必要な対策を迅速果断に講じていきたいと考えています。

一方、今年は、東日本大震災が発生してから10年となります。
私は、知事に就任して半年後に、この未曽有の東日本大震災を目の当たりにし、大規模災害はいつ発生してもおかしくないとの危機感の下、こうした災害から県民の皆様の命と財産を守ることを県政の最優先課題として、南海トラフ地震をはじめとした災害に備えて防災・減災対策に全力を傾注してまいりました。近年、地震のみならず風水害など、甚大な被害をもたらす自然災害が全国各地で発生していることを踏まえれば、防災・減災対策の必要性は一層高まっているものと考えております。
震災から10年を迎えるにあたり、改めて、犠牲となられた方々の御冥福をお祈りし、被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、震災の経験を忘れてはならない教訓とし、気を引き締め、ハード、ソフト両面からの防災・減災対策を着実かつ強力に今後とも進めてまいります。

この防災・減災対策を含め、私は知事就任以来、都市の持つ活力や利便性と田園の持つゆとりややすらぎを兼ね備えた魅力のある生活圏である「せとうち田園都市の創造」を基本理念に掲げ、県議会をはじめ、県民の皆様の御意見を伺いながら2次に渡る総合計画を策定し、香川づくりに取り組んでまいりました。現行計画の終了時期を迎え、これまでの取組みの成果を引き継ぎながら、その歩みを確実なものとするため、この度、新たな香川づくりの指針となる次期総合計画の骨子案を取りまとめました。骨子案では、「せとうち田園都市の確かな創造」を基本目標として掲げ、これを実現するための方向性を示すものとして、災害や感染症などの危機への備えを万全なものとし、全ての人が安心して、穏やかな日々を過ごすことができる「安全と安心を築く香川」、そして、新たな発想を持った人材と新しい技術の積極的な活用により、本県ならではの魅力や強みをさらに磨き上げ、産業、観光、しごと、暮らしのあらゆる面で選ばれ、活力に満ちあふれる「新しい流れをつくる香川」、さらに、すべての人が夢と希望を持って、それぞれの環境で能力を発揮し、お互いを認め合いながら、笑顔でいきいきと暮らせる「誰もが輝く香川」の3つの基本方針を掲げております。
今後は、この基本方針に沿った各種施策に取り組むことにより、直面する喫緊の課題である災害に強い香川づくりと人口減少問題の克服・地域活力の向上はもとより、新型コロナウイルス感染症対策や感染症を契機とした地方移転や移住の機運の高まり、新しい日常や生活様式の浸透、デジタル化の加速などの社会変革にも的確に対応してまいりたいと考えております。
次期計画の策定に当たりましては、いま一度、本県の強みや魅力を見つめ直すとともに、時代の変化を捉え、本県の将来にとって必要と考える新しい取組みにもチャレンジする香川らしい計画となるよう、県議会はもとより、県内各市町や各界、各層からの御意見を伺い、県民の皆様の声を十分に踏まえながら進めてまいりたいと考えておりますので、引き続き、議員各位の格別の御理解と御協力を心からお願い申し上げます。

香川県知事・浜田恵造

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3019

FAX:087-862-4514