ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 知事のページ > 知事からのご挨拶 > ご挨拶 > 令和2年2月県議会定例会提出議案知事説明要旨「県政運営の所信について」

ページID:4329

公開日:2020年2月17日

ここから本文です。

令和2年2月県議会定例会提出議案知事説明要旨「県政運営の所信について」

知事顔写真

令和2年2月県議会定例会の開会に当たり、県政運営の所信及び令和2年度当初予算の概要と主要施策等について御説明し、議員各位、県民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと思います。

本年、令和2年は、オリンピック・パラリンピックが半世紀ぶりに日本で開催される記念すべき年であります。県内における聖火リレーや事前合宿等を通じての機運が醸成され、本県出身選手が多数出場し、活躍する光景を想像しつつ、大会の成功と各方面にわたる交流が一層盛んになることを念願しております。
また、昨年は、ラグビー・ワールドカップが日本で初めて開催され、日本中が大いに盛り上がりました。チームの仲間と協力し合いながらゲームプランをたて、大きな相手、壁に対して果敢に立ち向かっていく、その精神、姿が見る者の心を熱くしました。開幕まで半年を切った東京オリンピック・パラリンピックにおいても、高い目標や立ちはだかる課題、障害を、強い意志と力によって乗り越えようと挑戦する選手、アスリートのひたむきなプレー、姿に、大きな感動を覚え、たくさんの勇気をもらうことを大いに期待しています。

新たな「令和」の時代を迎えた今、本県は、山積する諸課題に直面しています。私は、立ちはだかる困難な課題から目を背けたり、先送りしたりすることなく、「着々寸進 洋々万里」の思いを持って、正面からその課題解決に挑み続けてまいります。

直面する大きな課題の一つが、「災害に強い香川づくり」であります。
一昨年の7月豪雨をはじめ、昨年10月の台風第19号による風水害など、甚大な被害をもたらす災害が全国各地で発生しているほか、南海トラフ地震の今後の発生確率が高まる中で、大規模災害はいつ発生してもおかしくない状況にあります。大規模災害への備えは、一朝一夕にできるものではありませんが、自助・共助・公助によって被害を最小限に抑え、一人ひとりの命を守ることができるよう、緊張感を持ちつつ、ハード、ソフト両面からの防災・減災対策を着実かつ強力に進めてまいりたいと考えております。

そして、今、万全を期さなければならないのが、新型コロナウイルス感染症対策であります。中華人民共和国湖北省を中心に拡大している新型コロナウイルス感染症は、日本国内でも感染者が増加しており、予断を許さない状況にあります。
今月5日には、全国知事会から国に対して、総合的かつ強力な対策を講じるよう緊急提言を実施し、本県においても、県民の皆様への関連情報の提供等に努めるとともに、検査体制の整備や「帰国者・接触者相談センター」の設置及び「新型コロナウイルス感染症に関する対策検討会議」の立ち上げなど、疑いのある患者が発生した場合に迅速に対応できる体制を整えているところでありますが、今後とも、国や保健所、医療機関等の関係機関と緊密に連携し、県民の皆様の安全・安心が確保できるよう、万全を期してまいります。

また、直面するもう一つの大きな課題が、「人口減少問題の克服と地域活力の向上」であります。
本県の人口は、「かがわ人口ビジョン」の推計に比べ、減少が緩やかになっているものの、若者の大都市圏への流出に歯止めがかからず、出生数も毎年減少を続けるなど、依然として厳しい状況にあります。人口減少問題は、人材不足などにより地域の活力を奪うばかりでなく、住民の生活利便性を低下させ、地域コミュニティや社会保障制度の維持を困難にするなど、地方における社会・経済活動に深刻な影響を与え、地方の成り立ちそのものを危うくする「今、そこにある危機」であります。このため、この問題の克服に向け、現在、案をお示しし、御議論いただいている「第2期かがわ創生総合戦略」に沿って、「県外への人口の流出に歯止め」をかけ、若い世代の希望を実現し、次の世紀には人口の増加が展望できるよう、全力で取り組んでまいります。

令和2年度は、平成28年度から5年間の県政運営の基本指針である「新・せとうち田園都市創造計画」の最終年度でもあります。私は、これまでの取組みを通じて明らかになった課題等を踏まえ、その成果をさらに発展させていくために、県議会をはじめ、県民の皆様の御意見を幅広く伺ったうえで、「第2期かがわ創生総合戦略」などとの整合性を図りつつ、重点的に取り組む各種施策や目標を取りまとめた「次期総合計画」を策定したいと考えております。

今年は、子(ね)年であります。
「子」という字は、増えるという意味に通じ、新しい命が植物の種子の中に萌(きざ)す状態を表すとも言われます。

私は、干支にちなみ、豊かな自然や食、文化、アートなどの、本県が世界に誇る地域資源を増やしていき、郷土香川が新しい飛躍をはじめる年となることを目指し、各般の施策に全力で取り組んでまいります。

浜田恵造

令和2年2月県議会定例会提出議案知事説明要旨全文はこのリンクから

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3019

FAX:087-862-4514