ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(議員の海外視察等について)

ページID:4601

公開日:2018年07月06日

ここから本文です。

ご提言等の内容(議員の海外視察等について)

受付年月日

2018年06月27日

回答年月日

2018年07月06日

テーマ

議員の海外視察等について

提言内容

外国へ慰問に行った件で、目的は何。それに対して香川県が良くなるのか。
夜の宴会の金はどこから出ているのか。
税金であれば、行った議員全員で返してほしい。
私たちの生活は苦しい。少ない年金で、そんな金があるのであれば、県民税安くしろ。
県民は、私が話をした人は全員そうだと言っている。

それと、香川県警は仕事をしていないでないか。
違反だけ陰に隠れてつかまえる仕事をしている。
事故をいかに少なくするか、していない。
まず注意してパトカーでただ走るだけ、時間決まって意味がない。
それより、白ナンバー(自家用)で見ていろと言ってやりたい。
片手で携帯電話しながら歩いている人が多い。
それと信号無視している人、交通法規を知らない人。
例、夕方、日没にスモールをつけていない。自分が見えれば良いと思っている。
その辺の取り締まりをしてほしい。駐車禁止。

回答内容

お手紙を拝見しました。

議員の海外視察については、県人会等との国際交流をはじめ、海外の先進的な取り組みや歴史・文化資源などを視察・調査し、本県の活性化や県政の発展に資することを目的として、派遣されるものであり、議会での議論や政策提言などに反映されていくべきものと考えています。
私としては、海外視察は、議会において、議決を経たうえで行われるものであり、その内容について県民の皆様にご理解いただけるよう努めていくことは、当然、必要と考えています。

議会では、昨年、議会改革検討委員会において、海外派遣のあり方などについて検討を行い、具体的な制度を定めた「議員の海外派遣取扱要領」を制定したと伺っています。

なお、視察に係る経費は、旅費として、県の条例に基づき算出した交通費や、食事代を含む宿泊料等が支給されていると伺っています。
また、議会の海外視察については、旅費等の返還請求に係る住民訴訟が提起されており、今後、裁判の中で判断されるものと考えています。

次に、県警察では、交通死亡事故の抑止に向け、悪質・危険性や、迷惑性の高い交通違反を中心に取締りを行っています。
また、取締りにあたっては、県民からの要望や交通事故の発生状況の分析結果などに基づいた、より効果的な時間、場所、方法による取締りについても推進しているとのことです。

ご指摘いただきました運転中の携帯電話の使用や、信号無視などの交差点違反については、重大な交通事故に繋がる大変危険な行為であり、県警察では、今後も引き続き、これらの危険な交通違反に対する取締りを一層強化し、悲惨な交通事故を1件でも減少させてまいります。

議員の海外視察に関すること:議会事務局総務課
交通取締りに関すること:県警本部交通部交通指導課

担当課

担当

議会事務局総務課

電話

087-832-3678

担当

県警本部交通部交通指導課

電話

087-833-0110

このページに関するお問い合わせ

議会議会事務局

電話:087-832-3678

香川県警察交通指導課

電話:087-833-0110