ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(通学路の照明灯の設置などについて)

ページID:4619

公開日:2019年02月15日

ここから本文です。

ご提言等の内容(通学路の照明灯の設置などについて)

受付年月日

2019年01月27日

回答年月日

2019年02月08日

テーマ

通学路の照明灯の設置などについて

提言内容

初めて知事へのメールを利用します。関係各所へ連絡してもなかなか前へ進まない中、上層部へ届かない中、このような機会をいただけることは、小学校、中学校の保護者や地域の若者にとっては大変嬉しく思います。

一つは、県道における照明灯の設置基準についてです。土木事務所に確認したところ、交差点、横断歩道、歩道上となっていました。私の住むところでは歩道は少なく、交差点や横断歩道だけでは照明灯が少なく、通学路でも部活動終えて帰る頃にはまっくらで、不審者、交通事故も多いです。通学路やバス停、自治会場や公共の施設付近については、設置基準の緩和を検討して下さい。事故があったら、設置、対応では遅いです。

二つ目は、今や社会問題になっている部活動についてです。教員の働き方改革などの部活指導員の活用が急務です。香川県には何人登録があるか知ってますか?3名程度です。部活指導員について県民にお知らせして、先生も休みやすくなる、また子供も十分な活動する時間を確保できて、専門知識のある方に指導してもらって嬉しい、向上できる香川県、世界で活躍する香川県民を育てていける環境を整えて欲しいです。

三つ目は教員の配置についてです。行事、部活動すべてが校長判断に任されている現場で、同じ教員が特に教頭、校長などがとどまる事で、何年にもわたって、保護者からの要望が否定され続けています。住む地域で行く中学校が決められている為、他の公立中学校へ行くことも転居なしには行けません。どうか、長期にわたって同じ中学校にとどまる配置はやめてほしいと思います。長期にわたってとどまることは、子供や保護者へ、これだけしか道がないと一つの固定観念を植えつけてしまいます。中学生の成長期にはいろんな方々から考え、経験を聞き、豊かな教育を受けたいし、受けさせたいです。
長文失礼しました。ご検討よろしくお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。

一つ目の道路照明灯については、夜間における道路状況や交通状況を的確に把握することにより、道路交通の安全・円滑を確保することを目的として設置しているものです。
県では、「道路照明施設設置基準・同解説」(日本道路協会)に基づき、交差点または横断歩道、道路の状況が急激に変化する場所などに設置しています。ご要望のあった照明灯の設置については、土木事務所に現地確認を指示したところ、交差点部に新たに道路照明灯を設置することが可能であると報告を受けていますので、同事務所にご相談ください。
一方、通学路などにおいて、防犯上不安のある場所に設置する照明については「防犯灯」として、自治会長を通じて市役所へご相談いただきますよう、お願いいたします。

二つ目の部活動指導員については、教員の働き方改革を推進するため、教員に代わって部活動の指導、引率などができる指導員の配置を進めているところです。今年度から新たに導入したものであることもあり、県内の現在の指導員の数は、県立、市町立中学校を合わせて5人にとどまっていますが、市町教育委員会に対して効果的な活用例を情報提供するなど、配置促進に努めてまいります。

三つ目の小・中学校における教職員の配置については、教育委員会によると、管理職を含め、地域の実情を踏まえ、全県的視野に立ちながら適切に人材を配置するよう努めているとのことです。
今後も引き続き、安心して子どもが育てられる環境づくりに努めるとともに、魅力ある学校づくりを推進し、市町教育委員会と協力してまいります。

道路照明灯に関すること:道路課
部活動指導員・教員の配置に関すること:義務教育課

担当課

担当

道路課

電話

087-832-3533

担当

義務教育課

電話

087-832-3741

このページに関するお問い合わせ

土木部道路課

電話:087-832-3533

教育委員会義務教育課

電話:087-832-3741