ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(四国新幹線の開設の重要性)

ページID:22385

公開日:2021年03月05日

ここから本文です。

ご提言等の内容(四国新幹線の開設の重要性)

受付年月日

2021年02月13日

回答年月日

2021年02月22日

テーマ

四国新幹線の開設の重要性

提言内容

2021年2月12日に新幹線期成同盟会が立ち上がり、16年後に大阪までつながるリニアカーの開業に乗じて、岡山経由の四国全県庁所在地をつなぐ一部フリーゲージの大型ニューモーゲージトレインの開業(仮)を予定していることです。
手前ども、首都圏に住む香川県ゆかりの人間ですけど、地元の香川県民が盛り上がらない機運は分からなくもないが、俯瞰的な将来に高速鉄道で東京に一足飛びで鉄道の重要性は不可欠です。
現状、計画案の四国新幹線を暫定に格上げして、官民一体で盛り上げてほしい。高松駅の位置うんぬんよりも、新路線のメリットを啓発して東京に一足飛びの実現を目指してほしいです。

回答内容

メールを拝見しました。

四国の新幹線は、2037年に新大阪までの延伸が予定されているリニア中央新幹線に接続することで、高松と東京間の移動時間を2時間30分程度に短縮し、首都圏との交流人口の大幅な拡大につながると期待されることから、同年を一つのターゲットとして、四国の新幹線の実現に向け、四国各県や経済界などと連携しながら取り組んでいます。

私といたしましては、こうしたリニア中央新幹線の新大阪延伸に合わせた四国の新幹線の実現のため、国に対して整備計画格上げに向けた法定調査の早期着手などを積極的に働きかけるとともに、シンポジウムなどを通じて四国の新幹線の必要性と有効性などを強く訴えるなど、一層の機運醸成に取り組んでまいります。

担当課

担当

交通政策課

電話

087ー832ー3133

このページに関するお問い合わせ

交流推進部交通政策課

電話:087-832-3133