ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(坂出高校補習科について)

ページID:22849

公開日:2021年03月19日

ここから本文です。

ご提言等の内容(坂出高校補習科について)

受付年月日

2021年03月03日

回答年月日

2021年03月11日

テーマ

坂出高校補習科について

提言内容

坂出高校のPTAをしている、○○です。
このたび、坂出高校の伝統であった補習科を廃止することについて、異議があるため県知事様へ連絡させていただきました。
県知事様にはどうか、子どもたちの力になっていただきたいです。
以下、補習科を存続してほしいと願う皆からの意見です。

補習科廃止については、香川県教育委員会にも承認されていると学校からは説明を受けましたが、現在の在校生は補習科は存在するものだという認識で入学しております。
それをいきなり廃止するということは、子どもたちの「学校が受験を支えてくれる」という安心感を奪うこととなり、結果として塾にしか頼れない、という結果につながります。
また、他にも
・コロナで各自の勉強時間が減り、また経済的にも打撃を受けた家庭もあり、進学に悪影響が予想される
・補習科があるから坂出高校に入学した生徒もいる
・予備校への進学は経済的にも苦しく、そのため志望大学への進学をあきらめる生徒を救済してほしい
・顔なじみの先生に教わることができ、また学友と共に学ぶことができるため、環境を変えることなく勉強できる

経済的にも環境面でも優しい補習科です。
丸亀高校は補習科があります。
補習科生は目標に向かって努力し、優秀な大学へ進学しています。
なぜ、坂出高校はこんなにも魅力的な補習科を廃止するのでしょうか。
目標を持った生徒を応援してくれる、そんな場所が必要です。
また、コロナの影響は強く、解雇された家庭も多くあると聞きました。
在学生および卒業生、今年受験する子どもたちや保護者も存続を願っています。
ですので、どうか存続させてやってくれないでしょうか。
ご検討よろしくお願い申し上げます。

回答内容

メールを拝見しました。

坂出高校の補習科は、坂出高校を卒業後、志望する大学への合格を目指すクラスとして、昭和42年に同校のPTAを運営主体として設置され、以来、同校の関係者の期待に応え、一定の役割を果たしてきました。

しかし、近年では補習科入科生が減少し、授業を担当する教員については当初から無報酬で取り組んでいますが、運営が大変厳しい状態が続いていたことから、平成28年度に、PTA会長をはじめとするPTAの皆さまと協議を重ねて補習科廃止を決定し、平成29年度から毎年、生徒の皆さまには校長講話をはじめ学年団やクラスでのさまざまな進路指導の場面において、保護者の皆さまにはPTA総会、PTA役員会、評議員会など、機会をとらえて、令和2年度末での補習科廃止について周知をしてきたと聞いております。

長らく坂出高校の進学に寄与してきた補習科を残してほしいというお気持ちは分かりますが、坂出高校においてはこのような事情から、廃止もやむを得ないとの判断をされたということですので、ご理解をお願いいたします。

担当課

担当

高校教育課

電話

087ー832ー3752

このページに関するお問い合わせ

教育委員会高校教育課

電話:087-832-3752