ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(香川県展の審査方法について)

ページID:4676

公開日:2018年08月17日

ここから本文です。

ご提言等の内容(香川県展の審査方法について)

受付年月日

2018年07月29日

回答年月日

2018年08月08日

テーマ

香川県展の審査方法について

提言内容

香川県展の実情について心配しています。
県の審査員は事実上輪番制になっているようですが、このところ審査員になった人による恣意的審査が目立つように思います。数年前から、審査員になった時に弟子を大量入選、入賞させていると噂されています。
今年の県展でもその傾向は明らかでしたが、さらに目を疑うような入選作までありました。観覧者に「これが絵画なの?」と言われ、私も首を傾げたような洋画を弟子に出品させ入選させていました。それは絵画と言うより工芸作品のようでした。私はその作者をよく知っていますが、その方の作品とは到底信じられないものでした。
他県では県展の審査を公開にしている所もあるそうです。香川県でも是非県展の審査方法について考えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。

第83回香川県美術展覧会にご来場いただき、ありがとうございます。

いわゆる県展の鑑査、審査は、県外審査員1名と県内審査員複数名による厳正な投票や合議により行っており、一審査員の意見のみが反映されることのないようにしています。また、審査にあたっては、事務局が立ち合い、審査の過程を検証できるようにしています。

現在、県では県展をさらにより良いものとするため、さまざまな取り組みを検討しています。歴史ある県展を一層発展させ、多くの県民の皆様に親しまれることを目指して、今後も引き続き、他県の考え方や運営方法を参考にしながら、改善を進めてまいりますので、ご理解お願いいたします。

担当課

担当

文化振興課

電話

087-832-3784

担当

県立ミュージアム学芸課

電話

087-822―0247

このページに関するお問い合わせ

政策部県立ミュージアム

電話:087-822―0247