ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(県立高等技術学校の訓練期間について)

ページID:4695

公開日:2020年05月15日

ここから本文です。

ご提言等の内容(県立高等技術学校の訓練期間について)

受付年月日

2020年04月23日

回答年月日

2020年05月07日

テーマ

県立高等技術学校の訓練期間について

提言内容

私は現在県立高等技術学校にて求職者訓練コース(半年間)を受講しています。
ただいまコロナウイルスへの対策により4月14日〜5月8日まで自宅待機となっております。
訓練再開後は不足する訓練時間において、1日の訓練時間を延長することとなっているようですが、そうするのではなく、半年の訓練期間を延長し、1年間の訓練機関とすることを希望します。
理由としては1日の訓練期間を延長することにより、1日8時間以上の訓練時間となり、十分な訓練を受けるのに身体が疲弊すること、主婦やアルバイトをしている訓練生に対しての時間の確保が難しくなることが一つ、そして、資格試験が取り消しになっている試験もあり、このままでは卒業しても資格を得られた状態でもなく、今回の影響で卒業したとしても求人数がかなり少なくなることが予測され、結局職も資格も得られないことが懸念されるからです。
それよりも今年度の後期の募集を取りやめ、半年間の訓練期間を1年にすることにより、より充実した訓練期間、技術、資格の習得を目指した方がよい、と私は思います。
是非ともご検討いただければと思いメールしました。よろしくお願いいたします。

回答内容

メールを拝見しました。

県立高等技術学校については、施設内訓練を令和2年5月31日(日曜日)まで臨時休校とさせていただきました。訓練生の皆様方には大変ご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

県立高等技術学校では、訓練課程ごとに、教科や訓練時間など、職業能力開発促進法に基づいて訓練計画を作成し、職業訓練を実施しています。

6か月間の求職者訓練コースについては、今年度は、前期訓練として4月に訓練生を受け入れたところであり、入校した訓練生は、これからの半年間の訓練期間を前提として入校しています。また、より多くの求職者のニーズに応え、地域産業を担う人材を育成するため、引き続き、後期訓練として10月に訓練生を受け入れることとしており、現時点では、後期訓練の中止は考えておりません。

ご提言いただきました資格試験については、年度内に複数回実施されるものや、校内で受験できるものもあることに加え、訓練を受講することにより取得できる資格もあるほか、今年度実施されない資格試験についても、再開後の受験に対応できるよう、訓練期間内に対策を講じていくこととしております。

こうしたことから、臨時休校により必要となる訓練時間の確保については、訓練生の負担を少しでも減らすことを念頭に置きつつ、1日の訓練時間の延長やカリキュラムの変更などで対応したいと考えております。

担当課

担当

労働政策課

電話

087-832-3372

このページに関するお問い合わせ

商工労働部労働政策課

電話:087-832-3372