ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(交通取り締まりについて)

ページID:18254

公開日:2020年10月09日

ここから本文です。

ご提言等の内容(交通取り締まりについて)

受付年月日

2020年09月23日

回答年月日

2020年09月30日

テーマ

交通取締りについて

提言内容

令和2年9月に入り、毎週坂出のJR高架北側の側道でネズミ捕りをしていますが、朝の6時30分からしており、機器の設置音、速度超過の反応音、車両を止める笛の音がうるさく寝られません。取締りの時間を考えてもらえませんか。また、機械を歩道に設置していますが、ただでさえ狭い歩道がさらに狭くなっており、通行に支障があります。歩道への設置は問題ないのでしょうか。
それと坂出駅北側の横断歩道のところで、パトカーを止めて一旦停止の取締りをしており、非常に邪魔です。歩行者を保護するのが目的であれば、横断歩道に立って車を止めればいいと思います。それとも、罰金を取るのが目的でしょうか。

回答内容

メールを拝見しました。

香川県では、交通死亡事故の抑止に向け、各種施策を推進しており、県警察では、交通事故の発生状況の分析結果などに基づいた、悪質・危険性や迷惑性の高い交通違反を重点に取締りを行っております。

県警察によりますと、ご指摘の速度取締りにつきましては、県内では本年(令和2年)も早朝時間帯における通勤中の自動車などによる交通死亡事故が発生しており、また、当該場所は小学校の通学路となっており、付近の住民の方からの取締り要望が多く寄せられていることから、通勤時間帯や小学生の通学時間帯に合わせた取締りを実施しているとのことでした。

横断歩道における取締りにつきましては、県内では本年も横断歩道を歩行中の歩行者が犠牲になる交通死亡事故が発生しており、横断歩行者妨害は交通死亡事故などに直結する違反と言えるものであり、また、当該場所につきましては、自動車、歩行者などの通行量が多く、付近の住民の方からの取締りの要望が多く寄せられていることから、取締りを強化しているとのことでした。

ご指摘のとおり、横断歩道などの付近で警察官が警告や誘導を行うといった活動は交通事故を防止するために有効な手法であり、県警察においても積極的に実施しているところですが、他方、ドライバーの皆さまに常に緊張感を持って安全運転をしていただくためには、交通取締りは非常に有効な手段であると言えます。

本年、香川県における交通死亡事故の犠牲者は、令和2年9月27日現在で40人を数え、人口当たりにおける犠牲者の割合は全国ワーストとなっております。悲惨な交通事故を無くし、県民の生命を守るため、県警察では、県民の皆さまのご要望を踏まえつつ、最大限の努力をしているところですので、どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

担当

県警本部交通部交通指導課

電話

087-833-0110

担当

坂出警察署

電話

0877-46-0110

このページに関するお問い合わせ

香川県警察交通指導課

電話:087-833-0110

香川県警察坂出警察署

電話:0877-46-0110

お問い合わせフォームからいただいた内容は、警察本部広聴・被害者支援課を経由して各担当部署に送られます。