ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(外国人観光客への対応について)

ページID:4789

公開日:2019年03月01日

ここから本文です。

ご提言等の内容(外国人観光客への対応について)

受付年月日

2019年02月09日

回答年月日

2019年02月22日

テーマ

外国人観光客への対応について

提言内容

外国人観光客、外国人移住者の増加によっての交通面、災害面の対応はどうなっていますか。

回答内容

メールを拝見しました。

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、平成30年の年間訪日外国人観光客数は約3,119万人と、過去最高を更新し、本県で宿泊した外国人観光客数は過去最高の50万人を超える状況となっています。

県では、増加する外国人観光客が言葉の壁を感じることなく、快適に旅行を楽しめるよう、観光案内所での多言語対応の充実や観光案内板の多言語表記などに取り組んでいます。また、公共交通機関をはじめ、宿泊施設、買い物や飲食店などでの多言語対応を支援するため、多言語通訳・翻訳サービスの提供を行っているところです。
今後、瀬戸内国際芸術祭やラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、本県を訪れる外国人観光客の増加が見込まれることから、民間事業者や関係団体と連携して、ハード・ソフト両面から受入環境の向上に取り組んでまいります。
平成30年は大型台風や地震などの自然災害が発生し、その際の多言語による情報提供体制の不備などが課題となったことから、本県におきましても外国人観光客の安全・安心を確保するため、観光関係事業者や宿泊事業者、交通事業者などと連携して、滞在中や移動時など、さまざまな場面において、災害時の情報提供の充実に取り組むこととしています。

次に、県内の在留外国人数は、年々、増加しており、平成30年6月末時点で11,805人と、県民の100人に1人は外国人となっています。
増加する外国人住民の防災対策については、市町や県国際交流協会と連携して、防災ガイドブックの配布や外国人住民を対象とした防災訓練の実施など、外国人が防災について学べる機会を提供するとともに、災害発生時における多言語での情報提供や被災した外国人の支援など、環境整備に努めています。

今後も引き続き、外国人の観光客・住民の受入環境の向上に積極的に取り組んでまいります。

外国人観光客に関すること:国際観光推進室
外国人住民に関すること:国際課

担当課

担当

国際観光推進室

電話

087-832-3363

担当

国際課

電話

087-832-3026

このページに関するお問い合わせ

交流推進部観光振興課

電話:087-832-3363

総務部知事公室国際課

電話:087-832-3026