ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(野焼きについて)

ページID:4797

公開日:2018年10月26日

ここから本文です。

ご提言等の内容(野焼きについて)

受付年月日

2018年10月08日

回答年月日

2018年10月18日

テーマ

野焼きについて

提言内容

「野焼き」とインターネット検索したら一番に「香川県」の文字がでてきます。
恥ずかしい事です。
日々野焼きに迷惑し、毎日注意してまわったりして疲れています。
原則野焼きは禁止のはずです。

「野焼きをするならまず役所に野焼き計画を提示し、有料で野焼き券(野焼き税)を購入し、周辺住民全員の家をまわり、印をついてもらい、了承を得てからする。」
そういう法律を作るべきです。

平成30年、環境省が自治体に向け行ったアンケートで野焼きとp.m2.5との関連性が疑われるとの回答もありました。
草だけでなく、平気で家庭ごみプラスチックを燃やしています。
本気で地球環境のために検討お願いします。
老人のひまつぶしの放火を地域で非難する世の中になってほしいです。
事件などが起きないと、動き出してくれないんでしょうか?

回答内容

メールを拝見しました。

ごみの野外での焼却については、農業を営む上で行うやむを得ない焼却など一部の例外を除き、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、いわゆる廃棄物処理法で禁止されており、違反した場合は、5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金など厳しい罰則が設けられています。また、例外として認められる場合でも、周辺地域の生活環境に影響があるような焼却は、それぞれの事案ごとに状況を判断して、県や市町が必要な指導を行うとともに、状況によっては警察とも連携して対処しています。

また、県では、野焼きの禁止について広報誌やラジオを通じて啓発を行っている他、ホームページにおいて、例外として野外焼却が認められている場合であっても、周辺住民へ配慮するとともに、火災の発生などに注意するよう、啓発に努めているところです。今後も引き続き、市町と連携してより効果的な啓発に努めてまいります。

なお、プラスチックごみなどの野焼きを発見した場合は、お住まいの市町、廃棄物110番(087-832(ヤミニ)−5374(ゴミナシ))、または県の保健福祉事務所にご連絡いただきますよう、お願いします。

担当課

担当

廃棄物対策課

電話

087-832-3223

このページに関するお問い合わせ

環境森林部廃棄物対策課

電話:087-832-3223