ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(病院での面会規制について)

ページID:1703

公開日:2020年06月05日

ここから本文です。

ご提言等の内容(病院での面会規制について)

受付年月日

2020年04月27日

回答年月日

2020年05月27日

テーマ

病院での面会規制について

提言内容

祖母が肺炎です。
コロナかどうかは分かりませんが、コロナ以外の肺炎の場合も重症化しないかとても心配です。
ただ、家族がまだとてもコロナに対する意識が低いです。
入院した際に見舞いなどで不注意に売店やスーパーを利用し、祖母を感染へ導かないかとても心配です。
家族であっても入院患者への来訪は厳しいルールを敷いて、指導いただきたいです。
どうしても、高松と田舎の危機意識に差があります。
切実にお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。回答が遅くなり、申し訳ありません。

全国的に新型コロナウイルスの感染が報告される中、本県では現在、新たな感染者の発生がいったん落ち着いた状況にありますが、令和2年4月中旬にクラスターの発生により感染者が急増したこともあり、今後の感染の新たな広がりに、ご心配されていることとお察しいたします。

ご提言いただきました、県内の病院での新型コロナウイルス感染症対策について、例えば、県立中央病院では、院内感染対策強化の目的により、面会は禁止しており、病院側の依頼や付き添いなどにより面会が許可されている場合には、マスクの着用や病室に入る前に石けんでの手洗い又は手の消毒を求めており、37.5度以上の発熱、せき、くしゃみなどの風邪症状、のどの痛みがある方の面会はご遠慮いただいております。東かがわ市の県立白鳥病院でも、当面の間、ご家族の方も含めて、原則面会禁止としており、院内ではマスクの着用をお願いしているなど、各病院において適切に対応いただいているものと考えておりますので、ご祖母様かかりつけの病院に、お問い合わせください。

私といたしましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の収束に向けて、気を緩めることなく、引き続き、国や医療機関など関係機関と緊密に連携して全力で取り組み、県民の皆さまの安全・安心が確保できるよう、万全を期してまいります。

担当課

担当

医務国保課

電話

087-832-3318

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部医務国保課

電話:087-832-3318