ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(野犬狩りや犬猫の殺処分について)

ページID:4849

公開日:2018年11月22日

ここから本文です。

ご提言等の内容(野犬狩りや犬猫の殺処分について)

受付年月日

2018年11月05日

回答年月日

2018年11月12日

テーマ

野犬狩りや犬猫の殺処分について

提言内容

犬猫たちが何故そんなに殺処分されなければいけないのですか?同じように生きています!小さな大切な命ですよね?
野犬にしてもそうです。人間が山に捨てるから野犬になるしか無いのではないですか?
もしも人間が捨てなければ暖かな家で人間と暮らせていたはずです。人間の身勝手な気持ちや感情で棄ててしまうから野良犬野良猫が増える。増えるから殺処分をするのですか?
殺処分をするのでは無く、何をすべきなのか今一度、知事や香川県民、香川県の議員皆さんで考えて今の現状を変える努力していかないと変わらないですよ!
お願いします。犬猫たちの殺処分野犬狩りなんてやめて下さい!

回答内容

メールを拝見しました。

本県は、温暖な気候で越冬しやすい、住処となる山野と人家が近く餌を確保しやすいという地理的な特徴と、野良犬・野良猫へのえさやり行為があるなど、犬・猫の繁殖条件が揃っているため、収容される犬・猫のほとんどが、いわゆる野良犬・野良猫です。野良犬・野良猫の多くは、攻撃性や人なれしないなどの理由から、新しい飼い主に譲渡することもできず、殺処分率が高い状況が続いています。

このような状況の中、保健所に収容された犬・猫のうち、性格や健康状態などから新しい飼い主の方への譲渡が可能であると判断できた場合には、譲渡を希望される方へお譲りしています。今年度は、保健所に収容された犬・猫の譲渡を希望される方に、不妊去勢手術費用の助成をしているほか、県の主催で譲渡ボランティアによる犬・猫譲渡会を開催するなど、譲渡の推進に取り組んでいます。
同時に、保健所に収容される犬・猫が減るように、飼い主は最後まで責任を持って飼うことや、不幸な命を増やさないために不妊去勢手術を実施すること、かわいそうだからといって無責任にえさを与えるだけの行為は結果として不幸な犬・猫を増やすことなどについて、ホームページ、SNSなど、さまざまな媒体を活用して県民に広く呼びかけています。

平成31年3月に開設を予定している「さぬき動物愛護センター」を拠点として、動物愛護管理の普及啓発や犬・猫の譲渡の推進を進めることにより、殺処分数の一層の減少に努めてまいります。

今後も引き続き、人と動物の調和のとれた共生社会の実現に向け、動物愛護の推進に積極的に取り組んでまいります。

担当課

担当

生活衛生課

電話

087-832-3177

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

電話:087-832-3177