ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(警察のやり方について)

ページID:4856

公開日:2020年03月19日

ここから本文です。

ご提言等の内容(警察のやり方について)

受付年月日

2020年03月03日

回答年月日

2020年03月10日

テーマ

警察のやり方について

提言内容

一時期、警察の交通取締まりがノルマの件数稼ぎのようになっており、問題視されていましたが一向に変わっていません。
私の住んでいるところの管轄は高松南警察署ですが、ここ1、2年のやり方は今までにないほどひどく、危険性のない場所での取締まりばかりです。ゲーム感覚で取締まりしているのか、警察官はパトカーの中で笑って談笑していたり、態度もよくありません。時間帯などを見ても、下校時の学校の見守りパトロールはそっちのけです。夜は暴走族は放置で何をしているのか。よくサイレンを聞きますが、必要性があるのかないのか、とても安心安全のために頑張っているようには思えません。ただただ、不安を煽っているだけで、皆の体感治安は逆に下がっていると思います。もう少しやり方があるのではと、一県民として改善を切に願っております。

回答内容

メールを拝見しました。
交通指導取締りは、交通事故を防止するために行うものです。

県警察に確認したところ、「高松南署においては、令和元年中に6件の交通死亡事故を含め多くの交通事故が発生しているため、交通事故の原因となった一時停止や横断歩行者妨害違反等の取締りを強化しています。また、朝の通勤・通学の時間帯には、制服警察官の交通監視やパトカーによるパトロール活動を重点的に行うとともに、それ以外の時間帯については、交通事故の発生が多い場所や地域住民の皆様のご意見やご要望を踏まえた取締りを行っているところです。なお、暴走族の取締りにつきましては、警察本部と警察署が連携して、110番通報などの多い地域・路線において取締りを強化し、整備不良や共同危険行為等の禁止違反などで検挙しています。今後とも、悲惨な交通事故を抑止するために交通違反や、県民の平穏な生活を妨げる暴走族取締りを一層強化してまいりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。」とのことでした。

本県の交通マナーが向上し、県民の皆様が安全に安心して暮らせるよう、今後も努力してまいりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

担当

県警本部交通部交通指導課

電話

087-833-0110

このページに関するお問い合わせ

香川県警察交通指導課

電話:087-833-0110

お問い合わせフォームからいただいた内容は、警察本部広聴・被害者支援課を経由して各担当部署に送られます。