ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(高松港フェリーターミナルでの感染対策について)

ページID:1716

公開日:2020年06月19日

ここから本文です。

ご提言等の内容(高松港フェリーターミナルでの感染対策について)

受付年月日

2020年06月01日

回答年月日

2020年06月11日

テーマ

高松港フェリーターミナルでの感染対策について

提言内容

日々感染対策に尽力されている県職員の皆さまにおかれましては、大変ありがとうございます。

さて、高松港のフェリーターミナルにおいて、加湿器に次亜塩素酸を噴霧している由が張り紙されていました。

WHOおよび厚生労働省から次亜塩素酸の噴霧は効果がないばかりか人体に有害である旨通知がなされているかと思います。
また、金属製品を腐食させることから、建物や備品への悪影響もあるかと思います。

つきましては、フェリーターミナルでの次亜塩素酸噴霧を中止すべきかと思いますので、お願いいたします。

回答内容

メールを拝見しました。

ご提言いただきました高松港の玉藻地区フェリー乗り場における加湿器については、フェリー事業者が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、自主的に設置していたものです。
フェリー事業者に確認したところ、新型コロナウイルス対策として、この加湿器に次亜塩素酸水を用いていたとのことですが、新型コロナウイルスへの有効性や、安全性が確認されていないことなどの報道があったことから、現在、その使用は中止しているとのことです。

担当課

担当

港湾課

電話

087-832-3551

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾課

電話:087-832-3551