ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(県総合運動公園について)

ページID:4891

公開日:2019年05月31日

ここから本文です。

ご提言等の内容(県総合運動公園について)

受付年月日

2019年05月09日

回答年月日

2019年05月24日

テーマ

県総合運動公園について

提言内容

昭和57年の開園から37年が経ち、ここ最近施設および遊具の老朽化が以前に増して目につくようになりました。
現在、サッカー・ラグビー場のメインスタンドの折版屋根は広範囲にわたり大きく剥がれたまま、芝生広場では、ボールをかたどったドームの屋根も一昨年頃からひとつまたひとつと剥がれ骨組みのまま、アスレチックネットが破れていた遊具にいたっては、補修することなく昨年度末、ジャングルジム、滑り台とともに撤去されました。

今後も、香川県都市公園内スポーツ施設等長寿命化計画に沿い、予算が付き次第必要度の高い順に補修改修整備を順次決定していく方針だと思いますが、それを踏まえたうえで、要望を送付します。

  1. 長寿命化計画について
    近年、県総合運動公園を取り巻く環境は多様に変化しており、五色台トンネルの無料化による利便性の向上から、指定管理者制度、ネーミングライツなどの取組み、リレーマラソンやピンクリボンウォークなど、運動公園で毎年開催されるイベントが定着するなどした一方、高松市東部運動公園と屋島陸上競技場の整備による利用者の減少、カマタマーレ讃岐のJ昇格後、生島メインでは観客席数等の規定を満たさないため試合が丸亀開催のみになったこと、プロ野球および四国アイランドリーグ、高校野球の試合についても新球場である丸亀での開催が増え、有料試合数と観客数の減少等が重なり、運動公園の補修改修整備の必要度が劣位側となっているのではないかと、一向に補修される気配のない剥がれた屋根を見るたび、そう思えてなりません。
    補修改修整備に特化した長寿命化計画ではなく、魅力ある持続可能なスポーツ公園施設であるための取組みや仕掛けづくり、具体的な数値目標を盛り込んだ長寿命化計画とすべきではないでしょうか?
  2. 人工池について
    施設中央に位置する池の水も最近抜かれたままとなっています。先日、タイルの浮き打音調査をしているのを見かけましたが、水道代および循環設備費等、維持費のかかる池に戻さず、北側の人工池をゴム舗装するなどして、子供用遊戯道具(管理事務所で貸し出している一輪車や自転車、子供に人気のブレイブボード、キックボード、ストライダー、インラインスケートなど)の練習場に改修を提案したいと思います。公園内でも子供用遊戯道具の使用が見られるため、一段下がった場所に位置する人工池は他の施設利用者にも安全かつ利用者も周囲に掴まれる壁があるため、適所ではないかと考えます。
  3. 遊具について
    県内外の公園を巡ったうえで、子どもたちに一番人気の遊具は「ふわふわドーム」というトランポリンの遊具でした。香川では「まんのう公園」にありますが、子どもたちは「よく飽きずにずっと跳べるなあ」というくらい遊びます。他の遊具と違い、転落の危険がなく、体幹やバランス感覚が鍛えられる遊具ですので、遊具の新規設置の予定がある場合はぜひご検討していただきたいと思います。

今後も、県総合運動公園が他の公園に負けない魅力あるスポーツ公園施設であってほしいと切に思います。
ご検討よろしくお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。
香川県総合運動公園施設及び遊具について貴重なご意見を頂き、有難うございます。

香川県総合運動公園は、開園以来、本県の屋外スポーツの中核施設として、県民の皆様やスポーツ愛好者に親しまれています。その機能・役割の維持・向上を図るため、県では平成27年度に香川県都市公園内スポーツ施設等長寿命化計画を策定し、各種施設の長寿命化を図るとともに、「利用者が来園しやすい環境づくり」を基本に、利用者目線での利便性と安全性を高めるサービスの提供に努めているところです。
ご指摘の香川県営サッカー・ラグビー場観覧席屋根は、平成30年度の台風被害を受け破損したもので、現在、改修準備を進めています。近く着工の予定であり、予定どおり工事が進めば、8月中には改修が完了する見込みです。

次に、芝生広場のドーム屋根は、広場が強風の影響を受けやすいことから、しばしば破損し、その対応に苦慮しているところであり、現在有効な修繕方法について検討を進めているところです。
また、アスレチックネットが破れていた木製遊具については、設置から25年以上が経過し、経年劣化により破損した部材も見受けられるなど、使用できない状態であったことから、平成30年度末に撤去したものです。

人工池の子ども用遊戯道具の練習場への改修や、ふわふわドームなどの遊具新設のご提案については、利用者の安全確保の問題や改修に多額の経費を要することから、今後の検討課題と考えています。

今後も引き続き、施設のより一層のサービス向上に努めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

担当

保健体育課

電話

087-832-3761

このページに関するお問い合わせ

教育委員会保健体育課

電話:087-832-3761