ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(犬猫の殺処分について)

ページID:4894

公開日:2018年06月08日

ここから本文です。

ご提言等の内容(犬猫の殺処分について)

受付年月日

2018年05月21日

回答年月日

2018年05月28日

テーマ

犬猫の殺処分について

提言内容

嘆願書

  • 一.野犬の県外譲渡枠を作る
  • 一.各自治体のネットワークを作る
  • 一.殺処分対象の犬猫を公開する
  • 一.殺処分減少を目指すため躾等の訓練が出来る環境作り
  • 一.保護期間の延長(現在四日間)

私は○○県でボランティアをしています。
香川県での野犬問題、又、保健所の体制には疑問を感じています。
野犬の仔犬までもが週2回の殺処分にされている。県外から救おうと声をかけても、保健所登録ボランティアの個人的感情で殺されている。
この現実、真実は県知事はご存知ではないと思います。私は幾度となく保健所、県庁へもお電話しました。
県の方では県外譲渡枠を設けられているようですが、実際はボランティアの方が邪魔をし、県外愛護団体も困っています。

この内容は全て香川県の個人ボランティアの方々の悩みです。
去勢チケットを保健所から頂き、それを使用せず、一時預かりの方へお金を請求されている方もいます。

県知事は現場をご存知ではなく、紙面にての報告のみをうのみにしているのではないですか。

保健所登録ボランティアの監査要求をします。特に長年勤めている方です。
この内容は公にはしておりませんが、正してもらえないのであれば真実を訴えようと思います。

県外の保健所なども少しずつ改善しています。この件に関して○○県議にも相談しました。
県知事本人が命という事に意識を傾け指導して下さい。先ずは、週2回の殺処分、これは全国でも異例です。

どうか6月の議会で取りあげて下さい。
6月以降、何も変化が見受けられない場合は、この様な真実は許されないことなので訴え続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

回答内容

お手紙を拝見しました。

県外にお住まいの方への譲渡については、県内にお住まいの方と同様に可能です。

なお、譲渡を希望される場合には、適正飼養などの講習受講と犬・猫の引き取りのために、2回以上保健所に来ていただく必要があることから、県外譲渡枠を設けることまでは考えていません。

また、譲渡ボランティアへの譲渡については、譲渡した犬・猫が最後まで責任をもって適正に飼養管理されるよう、飼養状況や新しい飼い主への譲渡の方法などを把握する必要があるため、譲渡ボランティアの登録要件は、代表者又は連絡窓口となる責任者の住居若しくは事務所が県内にあることとしていますが、これらの要件を満たせば県外の譲渡ボランティアの方にもご登録いただけます。

次に、自治体間のネットワークを作り、広域的な譲渡を進めることについては、より一層の犬・猫の譲渡推進が期待できるものの、近県においても収容される犬・猫が多くいることや、遠方の自治体での譲渡は、搬送による犬・猫への体力的な負担が大きいことなどの課題があります。

本県の保健所に収容された犬・猫については、法律及び条例に基づき、動物の種類、収容の日時などをすべて公示しています。

また、所有者がいる可能性のある犬・猫については、県のホームページで情報を公開し、元の飼い主に返還できるよう努めています。

公示期間満了日の翌日までに所有者が判明しなかった犬・猫のうち、性格や健康状態などから新しい飼い主の方への譲渡が可能であると判断した場合にも、県のホームページに公開しています。

また、保護期間については、譲渡の機会が増えるよう可能な限り延長するとともに、専門の資格を持った職員により、人に馴れるためのしつけや訓練も行っています。

公示期間を経過した犬猫の譲渡又は殺処分の判断は、保健所の獣医師職員が行っており、ご意見いただきましたような県に登録されている譲渡ボランティアの個人的感情で殺処分されているという事実はありません。

また、譲渡ボランティアとして登録する際には、本県が行う動物の愛護及び管理に関する施策に協力できることなどの要件を設けていることから、県の施策の趣旨をご理解のうえ、活動されていることと考えています。

なお、不妊去勢手術費用の助成クーポンについては、負担軽減を行うことにより譲渡推進を図る目的で、今年度も県から犬猫の譲渡を受けた方に対して交付しています。

クーポンの使用については、強制するものではありませんが、多くの方にご利用いただき譲渡推進を図っていきたいと考えています。

平成30年度中に開設予定の「香川県・高松市動物愛護センター(仮称)」を拠点として、長期間の飼養管理や健康管理、しつけなどを行うことにより、犬・猫の譲渡を進めるとともに、動物愛護管理の普及啓発をより積極的に行い、殺処分数の一層の減少に努めてまいります。

担当課

担当

生活衛生課

電話

087-832-3177

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

電話:087-832-3177