ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(レジ袋有料化について)

ページID:16150

公開日:2020年09月04日

ここから本文です。

ご提言等の内容(レジ袋有料化について)

受付年月日

2020年08月13日

回答年月日

2020年08月25日

テーマ

レジ袋有料化について

提言内容

はじめまして。
梅雨も明け、暑さが強まる日々ですが、日々県民のため県知事含め皆々様のご尽力に感謝しております。

件名に挙げさせていただいたレジ袋有料化についてですが、令和2年7月1日より導入し、県内の各店舗で私含め県民がエコバッグを持参してレジ袋削減に努めていると感じております。

このレジ袋有料化キャンペーンが施行され始めた頃より、エコバッグの方が環境に悪いのではないかという意見や記事がネット上で散見されていました。私自身もレジ袋削減については懐疑的に考えていた部分もあり、浅はかながら情報収集を行っておりました。
ネット記事にはなりますが、昨日掲載された記事が比較的、客観的データを踏まえ、なおかつ多面的にレジ袋削減について評価されている記事がありましたので紹介したく、今回提言させていただきました。

一県民で、このキャンペーンに当たりどのような方々がどのような苦労の末実施に至ったのか、想像できかねますが、一県民として少なくとも香川県の環境を守れるよう、意味のある(効果のある)政策を実施していただきたいと思います。

ご覧になってほしい記事を記載させていただきます。よろしくお願いいたします。
お忙しい中、稚拙で、ぶしつけな提言をご一読いただきありがとうございました。
(当該記事のアドレスの記載)

回答内容

メールを拝見しました。
日頃からエコバッグの持参によるレジ袋の削減にご協力いただき、ありがとうございます。

地球規模での課題となっているプラスチックごみによる環境汚染を解決するためには、過剰に使用されているプラスチックの使用をできる限り抑制し、賢く利用していくことが重要です。
そのような背景を踏まえ、国は容器包装リサイクル法の関係省令を改正し、最も身近なプラスチックの一つであるレジ袋の有料化を令和2年7月から全国で実施しています。

記事のように、プラスチックごみに占めるレジ袋の割合はわずかであるとの指摘もありますが、今回の国によるレジ袋有料化の目的は、普段あまり意識することなく使っているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、これまでのライフスタイルを見直すきっかけとすることであると承知しています。

私といたしましては、レジ袋有料化を機に、プラスチックごみによる環境汚染の解決に向けて、県民の皆さまにも、エコバッグの持参など、できることから取り組んでいただくことが重要であると考えておりますので、ご理解、ご協力をお願いします。

担当課

担当

廃棄物対策課

電話

087-832-3223

このページに関するお問い合わせ

環境森林部廃棄物対策課

電話:087-832-3223