ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(小田知周氏の顕彰について)

ページID:4902

公開日:2018年09月21日

ここから本文です。

ご提言等の内容(小田知周氏の顕彰について)

受付年月日

2018年08月29日

回答年月日

2018年09月14日

テーマ

小田知周氏の顕彰について

提言内容

“THEかがわ”9月の特集記事に取り上げられている小田知周氏には歴史の記憶から完全に忘れ去られている功績が有ります。それは明治33年に完成した「高松築港」に関するもので、その貢献度は瀬戸大橋を発案した大久保甚乃丞氏や香川用水導入に尽力した平井太郎氏に匹敵するものです。銅像建立を含めた顕彰をお願いします。

回答内容

手紙を拝見しました。

ご提言をいただきました小田知周氏は、高松築港の整備や新聞社の設立など、本県の発展に尽力された人物です。
今年は、明治元年から150年の節目の年であるとともに、置県130年を迎えることから、県では、県広報誌「THEかがわ」9月号に特集記事として、小田知周氏をはじめ本県に尽力された方々の功績を掲載したところです。

今後も引き続き、県広報誌や県ホームページなど、さまざまな広報手段を活用し、県民の皆様に県政情報を伝えてまいります。

担当課

担当

広聴広報課

電話

087-832-3021

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3021