ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(対談された相手の職種についての正確な表記について)

ページID:4917

公開日:2020年01月24日

ここから本文です。

ご提言等の内容(対談された相手の職種についての正確な表記について)

受付年月日

2020年01月11日

回答年月日

2020年01月21日

テーマ

職種の正確な表記について

提言内容

現在、広聴広報課のホームページには心理カウンセラーとの対談と表記されたリンクが表示されています。
心理カウンセラーとは患者やクライアントの心理的な問題について専門的な技法を用いて解決を目指す専門性の高い職種です。
日本には長らく国家資格が存在せず、つい最近になって公認心理師という資格が創設されました。

しかし、今回知事が対談された方は公認心理師やその受験資格をもっておられず、心理的な支援についての系統立てた専門的な教育も受けられていないようです。
また、対談内容を見ると心理カウンセラーというよりも「結婚カウンセラー」や「恋愛カウンセラー」を自称されているようです。
そのような方を「心理カウンセラー」として紹介するのは公認心理師などの専門的な教育を受け資格を取得した人や、対談相手ご本人に対して失礼にあたるのではないでしょうか?
見直しをお願いいたします。

回答内容

メールを拝見しました。
このたびは、香川県情報誌「新・さぬき野」をご覧いただき、ありがとうございました。

さて、「公認心理師」は、平成29年に設けられた国家資格であり、公認心理師という名称を用いて、心理に関する相談及び助言等の行為を行う者とされています。
一方で、「心理カウンセラー」には、明確な定義はありませんが、国家資格と直接的な関係はなく、広い意味で心のケアをする者とされており、必ずしも公認心理師の資格が必要とされるものではありませんので、ご理解をお願いいたします。

なお、ご覧いただいた対談誌面については、発行前の段階で、対談者の方にもご確認いただいた上で、掲載しています。

担当課

担当

広聴広報課

電話

087-832-3019

このページに関するお問い合わせ

総務部知事公室広聴広報課

電話:087-832-3019