ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(野焼きの対策について)

ページID:4929

公開日:2018年11月09日

ここから本文です。

ご提言等の内容(野焼きの対策について)

受付年月日

2018年10月23日

回答年月日

2018年10月30日

テーマ

野焼きの対策について

提言内容

野焼きについてです。
昨年の県知事宛のメール、その回答を拝見し、香川県下では全くと言って良いほど周知、実施がされていないと思いました。籾殻焼き、通常の野焼きは日常茶飯事です。
高速道路の真下の民家、空き地での野焼きはもちろん、50m以内の野焼きもしょっちゅうです。
高速道路に野焼きの煙がかかっていることも結構あります。通常の道路を走る車の前を野焼きの煙が遮る事もあります。小学校の通学路もあり、脇道から人、車、自転車が出てくる事はもちろんあります。
非常に危険な野焼き、それを高速道路付近の人間も平気でやります。通常の道でも危険な行為だと思いますが、もし、高速道路でそんな事になったら大惨事です。

県としてはこのような野焼きの対策はどの様に講じておられますか?
野焼きの煙は有害です。野焼きをしている人間は風上に居たり、その焼いている場所から遠く離れた場所に住んでいたりします。以前、おばさんがゴミ袋を自転車で持ってきて、田んぼにゴミをバラ撒き、着火して帰って行った事が有ります。驚きました。
「農家の野焼きは例外的に認められている」との見解を示した結果だと思います。
法でいわれている例外は「慣習」であり、「習慣」ではありません。
例外であっても近隣の住民に被害が出ないように野焼きへの周知徹底を強化して頂きたいと思います。
話は籾殻焼きに戻りますが、この辺りは一日で終わりません。長いときは一週間以上燻らせています。酷い人はゴミと一緒に燻しています。
知事は野焼きの煙の中で暮らせますか?

回答内容

メールを拝見しました。
ごみの野外での焼却については、農業を営む上で行うやむを得ない焼却など一部の例外を除き、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、いわゆる廃棄物処理法で禁止されており、違反した場合は、5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金など厳しい罰則が設けられています。また、例外として認められる場合でも、周辺地域の生活環境に影響があるような焼却は、それぞれの事案ごとに状況を判断して、県や市町が必要な指導を行うとともに、状況によっては警察とも連携して対処しています。
県では、広報誌やラジオなどを通じて野焼きの禁止について啓発を行っており、例外として農業を営むために野外焼却が認められている場合であっても、風向きや時間帯など、周辺環境に配慮するとともに、火災の発生などに注意することや、通常の家庭ごみや事業所のごみについては、お住まいの市町のルールに従って適切に処分することを呼びかけています。今後も引き続き、市町と連携してより効果的な啓発に努めてまいります。
なお、プラスチックごみなどの野焼きを発見した場合は、廃棄物110番(087−832(ヤミニ)―5374(ゴミナシ))、または県の保健福祉事務所にご連絡いただきますよう、お願いします。

野焼きに関すること:廃棄物対策課
稲わらなどの有効利用に関すること:農業経営課

担当課

担当

廃棄物対策課

電話

087-832-3223

担当

農業経営課

電話

087-832-3411

このページに関するお問い合わせ

環境森林部廃棄物対策課

電話:087-832-3223

農政水産部農業経営課

電話:087-832-3411