ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(県立高校休校に伴う定期券の払い戻しについて)

ページID:4977

公開日:2020年05月01日

ここから本文です。

ご提言等の内容(県立高校休校に伴う定期券の払い戻しについて)

受付年月日

2020年04月09日

回答年月日

2020年04月17日

テーマ

県立高校休校に伴う定期券の払い戻しについて

提言内容

いつも県民のためにご尽力いただきありがとうございます。
さて、私は県立高校に通う息子を持つものです。子どもたちのために、3月と今回の休校というご決断をいただきありがとうございます。

息子は、電車通学しており半年で45000円ほどの●●の定期券を買って通学しています。この度の休校で、前回も一月分払い戻ししてもらいましたが、半年分を6で割ると一月分7500円ほどですが、戻ってきたのは4350円でした。今回は二週間ということで、払い戻しもできそうにありません。電車を利用しないのに、お金がかかるのは、もったいなく、子育てしている家庭からすると、非常に痛い出費です。

難しいことかもしれませんが、知事から●●や△△に休校の分、期間を延長するなどの特例措置を取るようお願いしてもらえませんでしょうか?
今回のコロナで小中学生を持つ家庭には、給付があるようですが、一番お金のかかる高校生を持つ家庭には何もありません。どうぞよろしくお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。

ご提言のありました通学定期券の休校期間分の延長について、担当課から●●に問い合わせたところ、定期券の期間を延長する考えは持っていないとのことでした。

なお、定期券の払い戻しについては、●●では通常、使用経過月数に相当する定期券運賃と手数料を除いた額を払い戻しており、定期券の有効期間の開始後7日以内に不要となった場合で特段の事情があるときに限って、払い戻し申出日までの往復運賃と手数料を除いた額を払い戻しているとのことですが、今回の緊急事態宣言等を受けた休校に伴う払い戻しについては、特例措置として、4月7日以前に購入するなど一定の条件を満たすものについて、払い戻し申出日によらず4月7日以降、最後に使用した日を払い戻し申出日とみなして取り扱うとのことでした。

県立高校等の休校に伴う通学定期券の特例措置については、交通事業者において検討いただくことと考えておりますが、なお、○○様からのご提言については、●●にお伝えいたします。

担当課

担当

交通政策課

電話

087-832-3133

このページに関するお問い合わせ

交流推進部交通政策課

電話:087-832-3133