ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(新型コロナ対策として香川県が先駆けてできること)

ページID:1732

公開日:2020年06月26日

ここから本文です。

ご提言等の内容(新型コロナ対策として香川県が先駆けてできること)

受付年月日

2020年05月23日

回答年月日

2020年06月17日

テーマ

新型コロナ対策として香川県が先駆けてできること

提言内容

新型コロナ問題のトンネルの出口がいまだ見通せない今、県民が心の中で思っているのは、自分自身がコロナの陽性かどうか、自分自身に抗体があるのかどうかだと思われます。そういうことがはっきりすれば、県民の行動範囲は一段と広がり、少なくともそれぞれのストレスは軽減されるはずです。したがって、知事さんこの際思い切って全国に先駆けて、香川県民すべてのPCR検査、および抗体検査を実施してはどうですか!もちろん、希望者は格安の費用でですが。
ご検討をお願いします。

回答内容

メールを拝見しました。回答が遅くなり、申し訳ありません。

全国的に新型コロナウイルスの感染が報告される中、本県では現在、新たな感染者の発生がいったん落ち着いた状況にありますが、4月中旬にクラスターの発生により感染者が急増したこともあり、今後の感染の新たな広がりに、ご心配されていることとお察しいたします。

新型コロナウイルス感染症については、全国共通の対応として、帰国者・接触者相談センターなどにご相談いただく目安を設け、少なくとも以下のいずれかに該当する場合にはすぐにご相談いただくようお願いをしています。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状が続く場合

なお、上記の目安は、症状の相談や受診していただく際の目安であり、検査については、患者さんを診察した「帰国者・接触者外来」の医師が、検査が必要であるかどうかを個別に判断することになります。

本県では帰国者・接触者外来の医師が必要と判断した方については、速やかに全員のPCR検査を実施してきており、これまでの累計実施件数は人口一万人あたり21.6人(令和2年5月22日時点)で、全国の18.1人を上回っております。

一方で、PCR検査は、陰性となっても今後の感染の可能性がなくなるわけではなく、感染不安の解消に資するものではありません。同じ人が毎週、定期的にPCR検査を受ければ、感染を早く発見できるかもしれませんが、現時点では、県民全てにそのような検査を実施することは不可能です。検査は、医師の判断のもとで、必要な医療を提供し、重症化を防ぐことを主たる目的としています。今後も、引き続き、医師が必要と判断した方が、PCR検査を確実に受けることができるよう、取り組んでまいります。

また、抗体検査については、それが陽性であっても、今後の再感染が起きないということは、現時点では確認されておらず、やはり感染不安の解消にはつながらないものであります。

私といたしましては、新型コロナウイルス感染症が再び感染拡大を招かないよう、気を緩めることなく、引き続き、国や医療機関など関係機関と緊密に連携して全力で取り組み、県民の皆様の安全・安心を確保し、社会経済活動を維持・回復できるよう、万全を期してまいります。

担当課

担当

薬務感染症対策課

電話

087-833-3298

このページに関するお問い合わせ