ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(コロナ対策と家族の大切な時間を奪うことについて)

ページID:19916

公開日:2020年12月18日

ここから本文です。

ご提言等の内容(コロナ対策と家族の大切な時間を奪うことについて)

受付年月日

2020年11月30日

回答年月日

2020年12月09日

テーマ

コロナ対策と家族の大切な時間を奪うことについて

提言内容

夏の帰省前にもメールをした者です。
内容としては、関東から帰省しようとする人間を犯罪者扱いする香川県民の考え方について、香川県の意見を確認させていただきました。

担当者からは偏見や差別は許さないという返信がありましたが、知事からの声が発せられたのはお盆時期を過ぎてからでした。

私は前回も伝えましたが、初孫を両親に会わせたいだけなのです。
夏の帰省は諦めました。
年末年始の帰省も諦めて、今月下旬に県外の宿を予約して、ただただ宿の中で初孫を両親に会わせるという企画をしており、大変楽しみにしていました。

本日、母よりメールがあり、香川県から県外への外出自粛要請が出たためキャンセルしてほしいと連絡がありました。

また、わが家の大切な時間が奪われました。
このままコロナにかからなくても、孫に会わないまま両親は死んでいくのでしょうか。

明日は子の、つまり初孫の1歳の誕生日です。
どうして、感染予防に気をつけて家族との大切な時間を過ごしてほしいと、要請を出さないのでしょうか。

回答を求めても話は平行線なんでしょうが、教えてほしいです。

回答内容

メールを拝見しました。

本県では、12月9日に新型コロナウイルス感染症に関して「準感染警戒期」から「感染警戒期」に移行しましたが、医療提供体制などがひっ迫しているまでの状況にはないことなどを踏まえ、人の移動や外出に関して、一部の感染拡大地域と同じような一律での自粛の要請を行っている状況にはありません。

他の地域の方々の帰省や旅行での本県への移動につきましても、本県から自粛の要請を行ってはおらず、47都道府県の知事による全国知事会からのメッセージにより、休暇の分散取得により帰省や旅行の時期をできるだけ分散していただくことや、大人数や長時間におよぶ飲食などの感染リスクが高まる「5つの場面」にご注意いただくことなど、帰省や旅行に際してご注意いただきたいことについて呼び掛けているほか、同メッセージでは、県外からの帰省者、旅行者を温かくお迎えすることについても呼び掛けているところであり、お住まいの地域において、どのような要請などがなされているかなどを踏まえてご判断いただきたいと考えております。

〇〇様と同じように、今年は、ゴールデンウイークやお盆には、感染拡大防止のため、帰省や旅行を控えられた方が多くいらっしゃることと思います。お住まいの地域の要請内容をご確認いただいた上で、感染防止にご留意いただきながらの久しぶりの帰省や旅行について、ご家族とよくご相談いただき、ご検討いただきたいと考えております。

担当課

担当

政策課

電話

087ー832ー3126

このページに関するお問い合わせ

政策部政策課

電話:087-832-3126