ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(コロナウイルス感染について)

ページID:16121

公開日:2020年08月07日

ここから本文です。

ご提言等の内容(コロナウイルス感染について)

受付年月日

2020年07月17日

回答年月日

2020年07月28日

テーマ

コロナウイルス感染について

提言内容

7月16日、県内でウイルス感染者が10名出た件に関して、知事のコメントが軽すぎる。
コロナウイルスは都会から持ち込まれると思うな。今や県内でもウイルスはまん延していてもおかしくない。
これくらいの警告はすべきではないか。

回答内容

メールを拝見しました。

本県では、令和2年7月に入り、10日から15日までの6日間で4名の新規感染者が発生したことから、「感染警戒期」の一歩手前、いわば「準感染警戒期」にあると考え、15日に、県民の皆さまには、油断せず警戒をしていただくことをお願いしておりましたが、翌16日にも10名の新規感染者の発生があり、10日からの一週間の感染者数が計14名となりました。

このうち半数は感染経路不明のものであるほか、これまで感染者が確認されていなかった西讃地区、小豆地区にお住まいの方の感染者が確認されるなど、まさに、感染拡大が首都圏だけの問題でなく、本県においても次の段階に移ったと考えざるを得ない状況となりました。

このため、県内の警戒レベルを引き上げ、7月18日(土曜日)から7月31日(金曜日)までの2週間を「感染警戒期」に位置づけることとし、県民の皆さまに、不要不急の県外への移動を慎重に検討していただくことなど、感染防止対策の一層の徹底について、特措法に基づく協力要請を行ったところです。

今後も、県民の皆さまの命と健康を守るため、医療提供体制や検査体制の一層の充実に取り組むとともに、県内外の感染状況などを十分に注視しながら、必要な対応をとってまいりたいと考えております。

担当課

担当

政策課

電話

087-832-3126

このページに関するお問い合わせ

政策部政策課

電話:087-832-3126