ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(交番について)

ページID:5023

公開日:2018年11月30日

ここから本文です。

ご提言等の内容(交番について)

受付年月日

2018年11月10日

回答年月日

2018年11月21日

テーマ

交番について

提言内容

香川県内の交番はどこを見ても警察官の姿が見えません。いつも無人の交番のように見受けられます。おそらく奥の部屋に警察官はいることとは思われますが、警察官の姿が外から見えないので不安に駆られます。
これは県外に出た時に感じます。東京などでは外から見えるところに警察官が常駐しています。または交番の前に立って勤務する警察官の姿も目につきます。実際、私も道を尋ねたことが数度あります。
香川県警では何か目的があって今のような形を取っているのでしょうか。県民の一人としては犯罪の抑止効果を発揮されると同時に、県民と距離の近い交番であってほしいと願っています。

回答内容

メールを拝見しました。

交番・駐在所は、警察官が地域住民の皆様とともに地域の安全活動に取り組むための重要な活動拠点ですが、警察官は事件や事故が発生すれば現場に出動したり、巡回に加え、犯罪予防のための街頭活動などに取り組んでおり、どうしても一時的に不在となる場合があります。

県警察によると、空き交番対策として警察官OBを交番相談員として配置するなど、地域住民の皆様が不安を感じることのないよう心がけているとのことですので、今後とも警察活動に対するご理解とご協力をお願いいたします。

担当課

担当

県警本部生活安全部地域課

電話

087-833-0110

このページに関するお問い合わせ

香川県警察地域課

電話:087-833-0110