ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(新型コロナ関係 丸亀市男性 情報開示のお願い)

ページID:5055

公開日:2020年04月03日

ここから本文です。

ご提言等の内容(新型コロナ関係 丸亀市男性 情報開示のお願い)

受付年月日

2020年03月17日

回答年月日

2020年03月27日

テーマ

新型コロナ関係情報開示について

提言内容

記者会見拝見したのですが失望しました。どう考えても7時のニュースの絵ずらを準備する目的の記者会見だったとしか思えないのです。知事は本日午後5時の記者会見の時点で、患者の足取りを調査済ではなく、県民へ伝えることができる明確な情報を持ち合わせていなかったのではないのでしょうか。絵ずらのために、収録したのならば、電波を間違って利用したと憤りを感じます。

香川県民の健康のことを考えているならば、患者の足取りを早急に明確にすると思うのです。最近では専門家は、通常3日から7日の潜伏期間で発熱すると言っているのです。この方は3月4日から3月13日に香川県にいたのですから、香川県内で感染している可能性があるのです。県内にほかの感染者いるのではないでしょうか?県外でウイルスに感染してバスに乗って県外から香川に帰ってきたというのならば、バスの運転手など危険だと思われます。乗り合わせたほかの人に糖尿病などの持病を抱える人が乗っていたらどうするのですか?丸亀市民の50代の男性であるということだけ伝えて、「彼はマスクをしていた。」と繰り返す香川県知事の絵ずらは、音声なしで今晩の7時のニュースに3秒使われました。テレビの情報機能は全国版に3秒使用する雰囲気のある絵ずらの獲得ではないのです。香川の県民の安全を考えて情報開示することが先決だと思うので、下記を至急開示願います。

患者の職種。自営というだけではわかりません。3月4日から3月13日までの足取りを明らかにしてもらえないでしょうか。次に、高速バス会社とバスに乗った日と便名。高速バス会社の名前。バスは、隣に座った人が透析患者であると、隣の方が死ぬ可能性があります。明確にしてください。

回答内容

メールを拝見しました。

3月17日の記者会見については、速やかに県民の皆様に情報をお伝えするという観点から、検査の結果、陽性反応が出た時点で確認していた情報について公表したものです。
その後においても、当該患者本人からの聴き取りなどによって、新たに確認した情報についても3月19日に追加して公表を行いました。
高速バスでの移動については、発症前の行動ですが、念を入れてバスを特定し、バス会社から情報を入手した上で、運転手、乗客に健康状況などを聴き取り、症状のないことを確認しています。
また、患者が香川県に帰ってから、発症のあった3月13日以前、当該患者と長時間接触した方についても3名確認し、PCR検査を受けていただき、結果は3名とも陰性でした。

今後も引き続き、県民の皆様に提供するべき内容については、速やかに公表してまいります。
県民の皆様にはご負担をおかけしますが、今が感染拡大を抑える大切な時期ですので、皆様の力を一つにして、一緒にこの難局を乗り越えてまいりたいと思います。せきエチケットや手洗いなどの通常の感染症対策に努めるとともに、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集まることは避けるようお願いいたします。さらに、発熱などの風邪症状が見られる場合には、仕事を休んで安静にするなど、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。

担当課

担当

薬務感染症対策課

電話

087-832-3298

このページに関するお問い合わせ