ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(休日の公共工事について)

ページID:16123

公開日:2020年08月07日

ここから本文です。

ご提言等の内容(休日の公共工事について)

受付年月日

2020年07月27日

回答年月日

2020年07月30日

テーマ

休日の公共工事について

提言内容

先ほど、前回の上記題目の知事へのメールに対する回答があり、下記のとおり、強く反論いたしますので、早急に、令和2年7月30日(木曜日)までに、再度ご回答をお願いします。

まず、土・日曜日は近隣住民は休息しております。本件工事は騒音もあります。工事については、必要がある場合は、土曜日も実施することとしており、土木事務所などの連絡体制については、徹底するよう指示するとのことですが、本件工事は、国道などのアスファルト改修などの工事ではないですし、夜間や週末の掘削、搬入などは不可欠ではない工事とお見受けします。しかし、休日中の騒音については問題がありますので、ご遠慮願います。ひょっとして県職員や知事だけが毎日忙しく、私のような女の起業家は家でなにもせず座っており、土・日曜日に休息する必要などないとお思いでしたら、それは誤りです。

また、土曜日は作業員も休むようにした方がけがなどの予防になるのではないですかと国の機関も申しております。住民は、土曜日に、早朝から公共工事が始まってしまう場合は、常に騒音が気になります。前回は県の草刈りでも我慢していましたが、家の壁面全部に振動があり、大変でした。なので、お言葉を返すようで恐縮ですが、土・日曜日の土木作業は遠慮願います。なお、この反論書の後にも、土曜日や日曜日、または祝日に、本件工事を私の住む場所のすぐそばで、どうしても実施される場合は、私としては法的手段を講じ、私の休日の平穏を守るつもりです。なので、必ず回答は金曜日ではなく、木曜日、できれば午前中に返答してください。

つぎに、「黄色い汚物」は、川の中で土砂を掘削する際に発生する泡がよどみに溜まったもので、通常、河道掘削工事で発生しているものであり、有害なものではないと考えておりますので、成分分析を行う予定はありませんとのことですが、これについては、県のほかの部署が土木のコンサルに聞いてくれましたが、以前から同じ状況が別の場所で発生した証拠は見つかりませんでした。

不潔な川では生き物や植物がかわいそうですし、一度成分を検査してくれませんか?しない場合は、それなりの、無害であることの疎明資料をメールでいいので、この知事へのメールの返答に際に添付し送信願います。

それでは、よろしくお願いします。以上です。

回答内容

メールを拝見しました。

県の公共工事では、受注先の作業員の休日確保など、関係法令を順守した上で、休日(土・日曜日、祝日など)も工事を実施することがあり、洪水発生時の香東川の氾濫防止を図ることを目的として実施している本件工事については、早期完了のため、土曜日も作業を実施することがありますので、ご理解をお願いいたします。

また、騒音については、十分に注意しながら施工しております。ご指摘の「黄色い汚物」は、川の中で土砂を掘削する際に発生する泡が河川環境への影響を抑えるために設置しているネットなどに滞留しているものであり、工事実施日の作業終了時に確認し、除去することとします。

なお、魚のへい死など、環境への影響は確認されていないことから、水質などの分析を行う予定はありません。

香東川についてお気付きの点がありましたら、管理を担当している高松土木事務所河川砂防課(電話087-889-8905)にお知らせください。

担当課

担当

河川砂防課

電話

087-832-3527

このページに関するお問い合わせ

土木部河川砂防課

電話:087-832-3527