ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(旧海岸寺海水浴場への車通行の再開について)

ページID:5062

公開日:2018年06月22日

ここから本文です。

ご提言等の内容(旧海岸寺海水浴場への車通行の再開について)

受付年月日

2018年06月01日

回答年月日

2018年06月15日

テーマ

旧海岸寺海水浴場への車通行の再開について

提言内容

多度津町の旧海岸寺海水浴場は遠浅で沖に出ても穏やかな海水浴に適した場所でした。その為ウィンドサーフィンをされる方が昔から沢山利用していました。私もその一人でしたが、現在車両の入口となる東西がポールにより、車両での入場不可となり、ウィンドサーフィンをする方は駐車場として海岸寺のお寺の駐車場を年間1万5000円支払わなければなりません。夏場のみウィンドサーフィンを楽しむ方には締め出しとなっています。ポールを立てた理由は家電製品等の不法投棄を防ぐ為だと聞いておりますが、入口を閉鎖しても逆に人が入らなくなるので不法投棄しやすくなると思います。

旧海岸寺海水浴場は夕日が綺麗な場所として選ばれていますし、お遍路さんがテントを張って休まれたりしています。私を含めウィンドサーフィンをしている仲間はゴミを集めて処分したり、草を刈ったり、自分たちが利用する海岸を綺麗にしようとしていました。是非ポールを撤去して車両の通行を出来るようにして、たくさんの方が楽しめる開けた海岸にしていただくよう切にお願いいたします。

回答内容

メールを拝見しました。

県管理の海岸管理用通路については、施設管理上支障のある場合には、車止めのポール(バリカー)を設置して車両の通行を制限しています。

ご指摘いただきました西白方海岸(旧海岸寺海水浴場)では、過去には自動車が放置されたほか、粗大ゴミなどの不法投棄も多く、地元からの要望もあったことから、平成23年に海岸通路西側(旧海岸寺海水浴場側)管理用通路入口に、また、平成26年に海岸東側につながる弘田川左岸の管理用通路入口にバリカーを設置して、一般車両の通行を制限しています。

その後、放置自動車の問題は発生していませんが、依然として、家庭ゴミなどの不法投棄が発生しており、多度津町においては立看板を設置して注意喚起するとともに、地元自治会が、県の「さぬき瀬戸」パートナーシップ事業により、定期的に海岸清掃、ゴミ拾いなど美化活動に取り組んでいます。

当管理用通路への車両の通行制限は、適切な施設管理と良好な海岸環境を維持するために必要な措置と考えていますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

担当

河川砂防課

電話

087-832-3536

このページに関するお問い合わせ

土木部河川砂防課

電話:087-832-3536