ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(動物愛護センターについて)

ページID:5067

公開日:2019年03月01日

ここから本文です。

ご提言等の内容(動物愛護センターについて)

受付年月日

2019年02月16日

回答年月日

2019年02月22日

テーマ

動物愛護センターについて

提言内容

香川県への要望書

県内の犬猫の飼い主へ啓蒙と罰則

  1. 未不妊手術の個体を外飼いし妊娠した子、または妊娠させてしまった場合の子犬子猫の引き取り料金を一匹当たり2万円とする。
  2. 上記で回収した罰金は保護された動物の医療費にあてる
  3. 放飼いしている飼い主を積極的に法的に罰する

現在の譲渡体制への要望

  1. 香川県内の収容動物数が保健所によって差があり、譲渡の対応がし切れず、引き出し依頼をするたびに自分たちが用意できている犬から引き出すように言われ、こちらの希望する犬が違う場合拒否され殺処分される。
    愛護センターが出来るまでの1カ月であるが人員を増員して欲しい。
  2. 全収容動物の写真付きの情報の公開
    動物管理番号・収容年月日・収容期限・保護場所・性別・大きさ・その他特徴
  3. 全収容動物の一般譲渡
  4. 愛護センターが出来てからも愛護センターに移送されるまでに保健所での団体と一般への譲渡を継続。

以上です。

香川県民のモラルが向上し罪のない命が繁殖され無残に殺されずに済むよう、どうかお力をお貸しいただけますよう宜しくお願いいたします。

回答内容

メールを拝見しました。

ご要望のうち、犬猫の飼い主への啓蒙と罰則については、保健所に引取りの相談があった場合、まずは、引取りを求める理由や新しい飼い主を見つけるために取った対応などを確認しています。みだりな繁殖により引取りを求めることとなった飼い主に対しては、不妊去勢手術を実施するよう指導しています。また、やむを得ない事情で飼い続けることが困難な場合も、まずは飼い主の責任において、譲渡先や預け先を探すよう指導しているところです。

飼い主から犬猫を引き取る際には、生後91日以上の場合、1頭あたり2,000円、生後90日以下の場合は200円の引取手数料を徴収していますが、これを引き上げることよりも、飼い主やこれから動物を飼おうと考えている方に、責任を持って最後まで適正に飼養することを啓発していくことが重要だと考えています。また、犬の放し飼いについての連絡が入った場合などは、保健所の職員が係留するよう指導を行い、従わない場合は、段階を踏んで法的措置を講じることとしています。

次に、本県の譲渡体制について、本県保健所には、動物の愛護及び管理業務を遂行するために必要な人員を配置していますので、ご理解をお願いいたします。

収容動物の情報の公開については、法律や条例に基づき、本県の保健所に収容された犬猫の動物の種類、収容の日時などをすべて公示しています。また、所有者がいる可能性のある犬猫は、県のホームページで情報を公開し、元の飼い主に返還できるよう努めています。公示期間満了日の翌日までに所有者が判明しなかった犬猫のうち、性格や健康状態などから新しい飼い主の方への譲渡が可能であると判断した場合には、県のホームページに公開しています。
また、すべての収容動物を譲渡することについては、家庭動物として適性がない犬猫を譲渡することは、譲渡された犬猫による危害や飼育放棄、不適切な飼養につながり、飼い主だけでなく犬猫にも不幸な事態を招く可能性もあることから、家庭動物としての適性がある犬猫を優先的に譲渡できるよう、譲渡要綱の見直し作業を進めているところです。

譲渡要綱の見直しにあたっては、犬猫が一般家庭において適切に飼養管理することができるかどうかを判断した上で譲渡することを基本とし、適性の低い犬猫については、譲渡を希望する方が適切に飼養管理することができる場合には助言をした上で、譲渡することも検討しています。
あわせて、平成31年3月のさぬき動物愛護センター開所後は、同センターにおいて譲渡することを基本としていますが、譲渡ボランティアの方々との希望に応じて、同センター職員が保健所に出向いて譲渡することも検討しています。

今後とも、人と動物の調和のとれた共生社会の実現に向け、動物愛護の推進に積極的に取り組んでまいります。

担当課

担当

生活衛生課

電話

087-832-3177

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

電話:087-832-3177