ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(瀬戸内国際芸術祭のポスターについて)

ページID:5075

公開日:2018年06月29日

ここから本文です。

ご提言等の内容(瀬戸内国際芸術祭のポスターについて)

受付年月日

2018年06月15日

回答年月日

2018年06月22日

テーマ

瀬戸内国際芸術祭のポスターについて

提言内容

瀬戸内国際芸術祭のポスターをさきほどNHKのテレビで見ましたが、同じグラフィックデザイナーを何年も起用する方法ではなく、公平に、大勢の新しい芸術家が公募で選ばれるような、賞金付きのものに変えてもらえませんか?

賞金にはスポンサーを付けるといいと思います。

今年のポスターはよくないです。このデザイナーはボランティアでやってくれているのですか。お金を支払う価値のある作品ではないと感じます。

来年は公募。

回答内容

メールを拝見しました。

瀬戸内国際芸術祭2019のポスターについて、ご意見をいただき、ありがとうございました。

同芸術祭のポスターやリーフレットに使用するメインビジュアルについては、第1回目からグラフィックデザイナーの原研哉氏に、デザインをお願いしてきました。
次回の芸術祭においても原研哉氏に依頼することにより、これまでの芸術祭のブランドイメージを引き継ぎ、芸術祭のイメージを広く伝えることとしました。

メインビジュアルは、毎回、瀬戸内海の魅力に焦点を当てており、1回目から、瀬戸内海の「情景」、瀬戸内の「風」、「船の曳行の軌跡」を題材としてきました。
4回目となる芸術祭2019のポスターは、瀬戸内に暮らす人々になじみがあり、瀬戸内の魅力の一つである「海中の生物」に焦点を当てて、瀬戸内国際芸術祭の魅力を発信できるよう作成しましたので、ご理解をお願いいたします。

今後も引き続き、より魅力的な芸術祭となるよう努めてまいりますので、次回芸術祭にご来場いただければ幸いです。

担当課

担当

瀬戸内国際芸術祭推進課

電話

087-813-0851

このページに関するお問い合わせ