ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(県民の交通マナーの悪さについて)

ページID:5082

公開日:2019年04月19日

ここから本文です。

ご提言等の内容(県民の交通マナーの悪さについて)

受付年月日

2019年04月03日

回答年月日

2019年04月12日

テーマ

県民の交通マナーの悪さについて

提言内容

結婚でこちらに来ました。20年以上経ちますが未だに交通マナーの悪さにはがっかりと涙まで出そうです。
信号の斜めスルーとか、合流させてくれないとか、右折レーンの先頭から青信号と同時に直進レーンに入り込むとか、自分がよければいい!的な人が多いように感じます。
これが県民性のようなものなら無くならない!という事になりますが、譲り合いの行動をしていれば、そのうち皆にもその気持ちが伝わるのではと思い、運転していますが効果はないようです。
何か根本的な解決策はないのでしょうか?
追い抜いても結局一台前にいるのに・・・

回答内容

メールを拝見しました。

本県の交通マナーについては、これまでも各方面からご指摘をいただいており、交通事故の原因や香川県全体のイメージダウンにつながることから、極めて残念に思っています。

このため、県では、毎月5日を「交通マナーアップの日」、20日を「県民の交通安全日」と定めて、街頭指導や広報啓発活動などを実施するとともに、春・秋・年末年始の交通安全運動では、学校、地域、職域などでの交通安全教育、交通安全キャンペーンなどを推進しています。
こうした中、平成30年12月には、交通マナー向上という共通の課題を抱えている岡山県と連携し、私と伊原木知事が「今日から毎日がいい運転の日」とする交通安全宣言を行い、県民の皆様に、一人ひとりが思いやりのある、気持ちのいい運転を心がけていただくよう呼びかけるとともに、ポスターやデジタルサイネージのスライドCMにより啓発を行ったところです。
また、平成31年度から新たに、スマートフォンのアプリなどを用いて、急ブレーキや急発進、急ハンドルなどの車の運転状況を診断し、安全運転を競うコンテストを行い、県民の交通マナーアップに繋がるよう努めることとしています。

今後も、県民の交通安全意識の高揚と交通マナー向上のために、県警察や関係機関・団体と連携し、より一層の啓発に取り組んでまいりますので、ご理解をお願いいたします。

担当課

担当

くらし安全安心課

電話

087-832-3230

このページに関するお問い合わせ